• home
  • ED治療(勃起不全)

ED治療(勃起不全) ED TREATMENT

ABOUT ED勃起不全(ED)とは?

そもそもEDとは、英語の「Erectile・Dysfunction」の頭文字で、「勃起不全」、もしくは「勃起機能障害」や「勃起障害」と訳され、
男性の性機能障害(SD)の一つに数えられています。現代の日本では、
男性の約1130万人がEDと言われていますから、けっして珍しい症状ではありません。

こんなことで
お悩みではないですか?

  • 勃起しにくい
  • 性交が上手くいかず、
    自信が持てない
  • 性行為が
    最後まで続かない
  • ときどき
    勃起しないことがある

勃起不全(ED)の原因

  • 加齢
  • 糖尿病
  • 肥満 ・ 運動不足
  • 高血圧・心血管疾患
  • 喫煙
  • テストステロンの低下
  • 慢性腎臓病
  • 前立腺肥大症
    下部尿路症状
  • 心理的要素
    自律神経の乱れ
  • 薬剤
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 外傷および手術

EDに至る原因は、大別すると2つ

1

心因的要因(機能性勃起障害)

体など、陰茎の機能そのものには異常は認められず、心理的なものが勃起に影響を及ぼしている場合です。
20代、30代、40代と若年層に多く見受けられます。
原因としては日常のストレスや経験によるトラウマ、「うつ」による不安などが挙げられます。例えば、多忙を極めていたり、性行為が上手くいかずに女性の態度に傷ついたことがある過去を持っている場合などです。

2

機器的要因(器質性勃起障害)

陰茎に関わる神経や血管などに異常がある場合で、50代以上に多く見られます。

  • 糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病により神経や血管に問題のあるとき
  • 脳出血、パーキンソン病、アルツハイマー病などにより神経に問題のあるとき
  • 前立腺がんなどの手術の影響
  • 前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患
  • 先天的に陰茎に問題のあるとき

勃起は、性的な興奮を覚えたとき、脳から発せられた信号が神経によって陰茎に伝わり、血管が広がって大量の血液が流れ込むことで初めて起こります。糖尿病は、こうした血管や神経の機能を低下させるので、勃起しにくくなるのです。また、メタボリックシンドロームや運動不足、暴飲暴食、喫煙、不眠が悪影響を及ぼしてEDとなるケースも見られます。

ED TREATMENT勃起不全(ED)の主な治療方法

PDE5阻害薬内服

現在国内では、シルデナフィル(バイアグラ®)、バルデナフィル(レビトラ®)、タダラフィル(シアリス®)の3種類のPDE5阻害薬が使用可能となっています。陰茎海綿体平滑筋の弛緩をもたらし、勃起を促進する作用があります。

海綿体注射

陰茎海綿体に、血管拡張作用のあるPGE1(プロスタグランジンE1)を直接注射し、勃起を促します。血管に問題がなければ、注射後10分で勃起し、30分以上持続します。自己注射の場合は、自己注射の手技の取得と医療廃棄物の適切な管理が必要です。
海綿体注射に関しての詳細は、当院の性機能専門医にご相談下さい。

FLOW診察の流れ

  • 1

    受付

    予約は不要ですので直接ご来院ください。保険証、身分証は必要ありません。職員は全員男性です。お薬手帳をお持ちの方は持参してください。

  • 2

    問診表の記入

    過去にかかった病気、現在治療中の病気、服用しているお薬などの情報を記入していただきます。

  • 3

    診察

    主に問診です。衣服を脱いでいただくことはありません。問題なければご希望のお薬を処方いたします。ED治療薬は1錠から処方可能です。

  • 4

    処方・会計

    受付でお薬を受け取って頂き、お会計をして終了です。問診票の内容によって異なりますが、診察時間は10分ほどです。

再診の場合

受付にて診察券をお出しください。再診時は初診時ほど時間はかかりません。
服用しているお薬が増えた場合は、薬品名が分かるようにしておいてください。お薬を直接持参されてもかまいません。

INSPECTION検査について

EDの原因を検索する上で、自律神経測定と血液検査があります。
勃起は、副交感神経によってコントロールされる生理機能であり、過緊張や自律神経の機能の低下をチェックするのも有用です。
また、男性ホルモンの低下や酸化ストレスを血液検査で調べることもあります。

ストレス測定(自律神経測定)

EDの原因として、血管性・神経性・内分泌聖などの器質性のものと、心因性のものが挙げられます。いずれの場合でも、PDE5阻害剤が有効なことが多いですが、過度なストレスによる自律神経のバランスの乱れがEDの原因にもなることがあります。
また、生活習慣の乱れに伴う酸化ストレスの増加は、EDを憎悪させる可能性もあり、男性ホルモンが少ない場合は、ホルモンの補充も行う必要があります。当院ではED診療の一環として自律神経の測定や男性ホルモンの測定も行っています。

心拍間変異分析=HRVとは

受付にて診察券をお出しください。再診時は初診時ほど時間はかかりません。服用しているお薬が増えた場合は、薬品名が分かるようにしておいてください。お薬を直接持参されてもかまいません。

料金 / 3,500円(税込)

血液検査

血液検査にて、EDの原因について詳しく調べることができます。
(結果が出るまでに、5~14日かかります)

※下記の血液検査については、検査結果に異常が無い場合、結果報告時に検査判断料が別途1,500円かかります。
(もしも検査で異常が発見され、その治療に移行する場合は、検査判断料は発生しません。)

選べる検査項目

  • 男性ホルモン(遊離テストステロン)検査
  • ED原因検索・追加採血
  • LOH症候群・追加採血
  • 酸化ストレス度・抗酸化力検査

料金 / 4,500円 ~ 6,500円(税込)

MEDICINEED治療のお薬について

当院で取り扱う治療薬は当然ながら全て国内で承認された正規品のみであり、
ジェネリック医薬品についても国内の信頼できる大手の製薬会社の薬剤のみお取り扱いさせて頂いています。
個人輸入により治療薬を入手される方もいらっしゃいますが、個人で偽物と正規品を見分けることは困難です。
偽物には異なる成分などが混入していることがありますので必ず医師から処方を受けてください。