• home
  • AGA(男性型脱毛症)

男性型脱毛症・薄毛のお悩みには治療方法があります。AGA治療 ANDROGENETIC ALOPECIA

ABOUT AGA AGAとは?

AGA(男性型脱毛症)は、年齢とともに進行する慢性の脱毛症です。
AGAに対しては、医学的に有効性が証明されている内服薬と外用薬が存在します。
これらの治療は、進行を抑える意義が大きく、早めの治療開始が望まれます。
さらに、当院では成長因子を頭皮に直接注入する「毛髪再生治療」も行っています。

お知らせ

AGA治療薬ザガーロと同一成分のお薬の後発医薬品(ジェネリック医薬品)が発売となりました。同じ成分で、先発医薬品よりもお求めやすくなっております。本ページに詳細を記載しております。2021年6月1日より、価格を改定しました(1ヶ月分:7000円 → 1ヶ月分:6500円)。

お知らせ

プロペシアの後発医薬品フィナステリドに関してのお知らせです。価格を改定し、よりお求めやすくなりました(1ヶ月分:6980円 → 1ヶ月分:5000円)。また、新たに本草製薬(製造:辰巳化学)の製品の取り扱いを開始しました。30錠処方であり、錠数が多いぶん経済的となります。

お知らせ

当院では服薬による治療に加えて、ヒト幹細胞由来の成長因子を頭皮に直接注入する、「毛髪再生治療」を開始しました。

こんなことで
お悩みではないですか?

  • 抜け毛が気になる
  • 家系(両親・
    祖父母・兄弟)に
    薄毛の人がいる
  • 毛髪は芯がなく、
    細く短い
  • 額の生え際や
    頭頂部が
    薄くなってきた

AGAの原因

  • ヘアサイクルの異常
  • 遺伝的要因
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • 偏った食生活
  • 喫煙

AGA TREATMENT AGAの治療方法

AGA治療薬(内服薬・外用薬)

AGA治療薬(内服薬・外用薬)

内服薬のフィナステリドやデュタステリドといった5α-還元酵素阻害薬は、男性ホルモン(テストステロン)が、AGAの原因となるジヒドロテストステロンへの変化を抑えることで、毛髪が成長途中で抜け落ちてしまうことを防ぎ、正常な発毛サイクルへと近づけます。また、外用薬(塗り薬)は、ミノキジルを主成分として配合しているものについては、医学的に有効性が確認されており、内服薬との併用も可能です。

毛髪再生治療

毛髪再生治療

人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を、皮内注射により頭皮に直接注入する施術です。成長因子は、注入された部位周辺の毛乳頭や毛幹・毛包を活性化することで、発毛機能を再起動させます。

FLOW 診察の流れ

  • 1

    受付

    AGAは、ご相談・お薬の処方はご予約不要です(毛髪再生治療も初回は予約不要)。受付にて、AGA受診のご希望をお伝え下さい。カルテを作成します。

  • 2

    診察

    医師が、ご相談をお受けし、各治療内容のご説明などを行ないます。AGAについては基本的に診察料・ご相談料は無料です。毛髪再生治療の初回は血液検査もあります。

  • 3

    処方・会計

    受付でお会計となります。お支払いは、クレジットカードも対応しております。お薬のご希望時も院内の窓口でお薬をお渡しするため、すぐにお会計が可能です。

再診の場合

受付にて診察券をお出しください。AGAに関して、治療薬の処方や医師へのご相談は予約不要で、再診時は初診時ほど時間はかかりません。服用しているお薬が増えた場合は、薬品名が分かるようにしておいてください。お薬を直接持参されてもかまいません。
毛髪再生治療についてのみ、2回目以降は予約制となります。 
診察予約ページへ

AGA治療薬

AGAは、年齢とともに進行していく慢性疾患です。
AGA治療薬は、進行を抑制する効果があり、予防的意義が大きいと言えます。
抜け毛が気になった時点から早めに服用を開始し、予防に努めるとよいでしょう。
また、「毛髪再生治療」はヒトの幹細胞から抽出された「成長因子」を頭皮に直接注入する発毛治療法です。
毛髪再生治療について詳しく見る

プロペシア(製造販売:MSD 一般名:フィナステリド)

フィナステリド錠(プロペシアの後発医薬品=ジェネリック)

AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種です。プロペシアの主成分はフィナステリドと言う名称で、5α-還元酵素阻害薬と言う種類のお薬です。このお薬には、DHT2型の産生を抑える効果があります。

フィナステリド錠は、プロペシアの後発医薬品(ジェネリック医薬品)で、効能・効果は先発品と同等です。現在当院で取り扱いのあるフィナステリド錠の製薬会社は、東和薬品(トーワ)・本草製薬(製造:辰巳化学=TCK)の2社です。(写真は、当院で主に扱っている東和薬品製の後発医薬品の医療機関納入用パッケージです。)

内服薬が効いている場合は6ヶ月位で脱毛の進行が止まって、増え始めます。 特に右肩上がりの増毛効果が出るのは服用後半年から1年の間です。

1ヶ月分
  • プロペシア錠 1mg

    ¥8,500(28錠)

1ヶ月分
  • フィナステリド錠 1㎎

    ¥5,000(トーワ:28錠 TCK:30錠)

  • プロペシア錠 1㎎ 3ヶ月分:24,000円(8,000円/月)、6ヶ月分:46,800(7,800円/月)

  • フィナステリド錠 1㎎ 3ヶ月分:14,400円(4,800円/月)、6ヶ月分:27,000(4,500円/月)

  • ※3ヶ月分、6ヶ月分まとめて処方すると割引になります。また、価格はすべて税込みです。

ザガーロ(製造販売:グラクソ・スミスクライン 一般名:デュタステリド)

デュタステリドカプセル(同一成分のお薬の後発医薬品=ジェネリック)

ザガーロの主成分はデュタステリドと言う名称で、フィナステリド(プロペシア)と同様、5α-還元酵素阻害薬と言う種類のお薬です。元々は、アボルブと言う前立腺肥大症の治療薬で、成分をそのままに名称や外装のみを変えてAGA向けに発売されました。

こちらのお薬にもAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑える効果があります。前述のフィナステリドがDHT2型のみを阻害するのに対し、ザガーロはDHT1型・DHT2型双方を阻害します。臨床試験においては、フィナステリドの約1.6倍の発毛成績というデータもあります。

デュタステリドカプセルは、ザガーロと同一成分のお薬であるアボルブの後発医薬品(ジェネリック医薬品)で、効能・効果は先発品と同等です。前立腺肥大症の保険適用のお薬ですが、当院は泌尿器科の診療も行っているため取り扱いがあり、自費診療でAGA治療薬と同じような流れで処方させていただくことも可能です。この場合も、費用はお薬代のみで、診察料は無料です。

内服薬が効いている場合は6ヶ月位で脱毛の進行が止まって、増え始めます。 特に右肩上がりの増毛効果が出るのは服用後半年から1年の間です。

1ヶ月分
  • ザガーロカプセル 0.5mg

    ¥12,500(30カプセル)

1ヶ月分
  • デュタステリドカプセル 0.5㎎

    ¥6,500(30カプセル)

  • デュタステリド 0.5㎎ 3ヶ月分:18,000円(6,000円/月)、6ヶ月分:34,800(5,800円/月)

  • ※デュタステリドは、3ヶ月分、6ヶ月分まとめて処方すると割引になります。また、価格はすべて税込みです。

ミノキシジル配合外用液5%(富士化学工業)

・発毛成分「ミノキシジル」を日本国内承認最大濃度である5%配合しています。
・市販製品の上位品と同様に、頭皮を整える成分であるピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、L-メントールを配合しながら、お求めやすい価格です。

1本
  • ミノキシジル5%

    ¥5,800(60ml)

使用上のご注意

AGA治療薬の内服薬は、1日1回1錠または1カプセルを服用して下さい。成人男性のみ服用して下さい。
(妊娠中・授乳中の方が服用したり、小児が誤飲すると、胎児や小児の発育に悪影響が出る恐れがあります。)
皮膚からも有効成分が吸収される恐れがあります。女性や小児に触れさせたり、分割・粉砕して服用しないで下さい。
前立腺がん検診を受ける予定がある方は、フィナステリド・デュタステリドを服用していることを医師にお知らせ下さい(服用によって、前立腺癌マーカーPSA値が低下します)。また、服用期間中、献血はご遠慮下さい。