• home
  • シアリス(ED治療薬)

お薬について ( 国内正規品取扱医院 ) MEDICINE

勃起不全(ED)治療薬

ED治療薬は3種類あります。効果には個人差がありますので、ご自分に合ったお薬をお選びください。
当院ではお薬を1錠から処方致しておりますので、お気軽にお試しください。

シアリス
(イーライリリー製純正品 一般名:タダラフィル)

シアリス錠(Cialis®)は日本イーライリリー株式会社が製造、日本新薬株式会社が発売している第3のED治療薬です。
従来のバイアグラ・レビトラとは異なり、効果が36時間あるため服用のタイミングを考えたり、効果時間内に行為を終えなければならないといったプレッシャーや焦りを感じる必要がありません。
たとえば金曜の夜に服用すれば日曜の朝まで効果が持続するため、海外では 「ウイークエンド・ピル」 と呼ばれています。

錠剤タイプ
  • 5mg(1錠)

    ¥1,500

  • 10mg(1錠)

    ¥1,700

  • 20mg(1錠)

    ¥2,000

シアリスの特徴

効果は服用後1時間程度から性的
刺激を与えることで現れます。

効果
  • 効果は36時間まで持続するので服用のタイミングに煩わされることがありません。
  • 高脂肪食の食事であっても影響を受けないと報告されています。
副作用
  • シアリスの効果が現れると同時に多くの方が「顔のほてり」を感じます。

    これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。
    その他に「頭痛」「動悸」「鼻炎」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。

    • ※どうしても気になる症状がでるとき、他の副作用または異常を感じたときには服用を中止し、必ず医師にご相談ください。
    • ※服用後4時間を越えて勃起が続く場合は、勃起機能に危険が及ぶ可能性がありますのですぐ医療機関で診察を受けてください。

服用・取り扱いの注意点

  • 1

    性行為の約1時間前に
    飲んでください

    効果は1時間程度で現れます。なお、食後に飲むと効果が現れるまでに1時間以上かかる場合がありますので食事前に飲んでください。

  • 2

    必ず性的刺激を
    与えてください

    効果により勝手に勃起するお薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしません。勃起状態を補助するお薬とお考えください。

  • 3

    1日1回。24時間以内の
    連続服用は控えてください

    決められた用法・用量に従ってください。多量に摂取したからといって効果が持続・増進したりすることはありません。副作用が現れるなどかえって健康を害する恐れがあります。

  • 4

    服用後、自動車や機械の
    運転操作にご注意

    服用後の副作用によりめまいや視覚障害を起こす場合がありますので、効果が及んでいる4~6時間の間は十分に注意してください。

  • 5

    お酒との併用も
    飲み過ぎにはご注意

    適量の飲酒はアルコール自体に精神安定作用(リラックス作用)があり、バイアグラの効果を引き出すことが可能です。しかし、飲み過ぎるとかえって逆効果になりますのでご注意ください。

  • 6

    シアリスは他人に
    譲り渡さないでください

    医師の診断のもとに処方されるお薬です。譲り渡した相手が服用に不適当な病気にかかっていたり併用禁忌薬を使用している可能性があります。絶対に譲り渡さないでください。

使用できない人

シアリスはすべての方のお身体・症状に適するわけではありません。
心臓病の薬としてよく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を使用中の方はシアリスを服用してはいけません。
また疾患・病歴やその他服用されている薬剤などによりシアリスの使用ができない方がいらっしゃいます。
注意事項・併用禁忌薬をご確認のうえ、使用に際しては必ず医師にご相談いただくようお願いします。

偽造医薬品にご注意下さい!

個人輸入されたED治療薬を服用することで、生命に関わる重篤な健康被害が発生する事例が報告されています。
個人輸入で入手できるED治療薬のうち、40~70%は、見た目が精巧に似せてある偽造品です。

特に、最近は「ED専門クリニック」を謳って、個人輸入したED治療薬を販売する業者が増えていますので、ご注意下さい。
そもそも「ED専門医」という専門医は存在しません。
クリニックでのED治療の相談をご検討する際は、必ずホームページなどで、性機能学会認定の「性機能専門医」の資格を持つ医師が所属している医療機関かどうかをご確認することをお勧め致します。

バイアグラの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは、飲み合わせの相性が悪いお薬のことです!
単体での服用であれば、いい働きをしてくれますが、併用することで体に悪影響を及ぼす危険性があります。
現在、服用されている方はご来院の際お薬または薬品名がわかるものを必ずお持ちください。

  • アイトロール錠10mg/20mg ニトラステープ
  • アイスラール錠20mg ニトルビン錠5
  • アイロクール錠20 ニトロールRカプセル20mg
  • 亜硝酸アミル ニトロール錠
  • アパティアテープ ニトロールスプレー
  • アンタップ/R ニトロール注5mg/50mg/100mg
  • イソコロナールRカプセル ニトログリセリン錠山川
  • イソニトール錠20 ニトログリセリン注-ACC
  • イソピット ニトロシンパフ
  • イソモニット錠20mg ニトロスロー錠
  • イブステン錠5 ニトロダームTTS
  • エスタット錠5mg ニトロバイド錠5mg
  • L-オーネスゲン錠 ニトロフィックス5/10
  • カリアント錠10 ニトロペン錠
  • カリアントTPカプセル ニトロラム
  • 冠動注用ミリスロール0.5mg/10ml ニプラノール点眼液
  • コバインター錠5mg ハイパジールコーワ錠3/錠6
  • コンスピット錠 ハイパジールコーワ点眼液
  • サークレス注0.05%/0.1% バソレーターRB2.5
  • サワドールL錠 バソレーター注5mg/注50mg
  • サワドールテープ/S バソレーターテープ
  • サワドールテープ/S バソレーターテープ
  • ジアセラL錠 バソレーター軟膏
  • シグマート錠2.5mg/5mg フランドル
  • シグマート注2mg/12mg/48mg フランソルテープS
  • シグランコート錠2.5mg/5mg ペネティISDNテープ
  • ジドレンテープ ヘルツァーS
  • シベラント錠5mg ヘルピニン-Rカプセル
  • シルビノール錠5mg ホクスノールLカプセル
  • 硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) ミオコールスプレー
  • 硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ミニトロテープ
  • ステンベルガー錠5mg ミリステープ
  • スレンドミン錠 ミリスロール注
  • セラモンテ錠 ミリスロールテープ
  • ソプレロール錠20mg メズサビド錠5
  • タイシロール錠20mg メディトランステープ
  • ニコランジス錠2.5mg/5mg メディトランスニトロ
  • ニコランタ錠5 ラブノールRカプセル
  • ニコランマート錠 リファタックL錠
  • ニトソルビド注0.05%/0.1 リファタックテープS
  • ニトプロ注 リベラステープ

併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため上記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。
以上がレビトラの併用禁忌のお薬です。このように併用禁忌のお薬はたくさんございますので、当院へご来院の際には、 これらのお薬を服用していないかを確認させていただくために他に服用しているお薬がある方は必ずお薬名をわかるようにしてからお越しください。
レビトラの併用禁忌のお薬は以上ですがバイアグラレビトラにも併用禁忌のお薬がございます。

閉じる