• home
  • 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群 SLEEP APNEA SYNDROME

ABOUT SAS睡眠時無呼吸症候群
(SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、
様々な合併症を起こす病気で、自律神経やホルモンのバランスを乱す原因となっています。
また、生活習慣病と密接に関係し、高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなると言われています。
その他、EDや射精障害・性欲低下などとの関連性も指摘されており、当院ではこのような症状にも対応しております。

こんなことで
お悩みではないですか?

  • 夜間に何度も
    トイレに行く
  • いびきがうるさい
    と言われたことがある
  • 熟眠感がない
  • 日中に眠くなる
  • ED(勃起障害)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)
の原因

  • 加齢
  • 暴食
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 過度のストレス
  • 肥満による
    首部分の脂肪

SAS IMPROVEMENT睡眠時無呼吸症候群(SAS)
改善に向けて

生活習慣病の改善

SASは生活習慣と密接に関係しているので、SASの治療の第一歩は生活習慣を見直すことから始まります。
食生活の改善・運動やダイエット、アルコール摂取を控えるなどにより、無呼吸が軽減する場合があります。

FLOW診察の流れ

  • 1

    受付

    予約は不要ですので直接ご来院ください。保険・身分証は必要ありません。お薬手帳をお持ちの方は持参してください。

  • 2

    問診表の記入

    過去にかかった病気、現在治療中の病気、服用しているお薬などの情報を記入していただきます。

  • 3

    診察

    この簡易検査で明らかなSASと診断された場合は、標準的治療としての、CPAP療法※の適応となります。

  • 4

    処方・会計

    CPAP療法※の治療は、基本的にはご自宅で器機をリースして頂く形になりますが、1~2カ月ごとの通院が必要となります。

再診の場合

受付にて診察券をお出しください。再診時は初診時ほど時間はかかりません。
服用しているお薬が増えた場合は、薬品名が分かるようにしておいてください。お薬を直接持参されてもかまいません。

※CPAPとは経鼻的持続陽圧呼吸療法
Continuous positive airway pressureの略称です。

SAS TREATMENT睡眠時無呼吸症候群(SAS)
の治療について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に呼吸が止まり、低酸素状態が続く病気です。
SASがあると、熟眠感がなく、脳も身体も疲れてしまい、日中の眠気や集中力の低下・倦怠感が生じます。
また、生活習慣病やEDとも密接な関係があります。診断に必要な検査は、ご自宅で施行可能なものなので、比較的簡単にできます。
もし気になる症状があったり、ご家族にいびきを指摘されたことがある方は、検査をお勧めしています。

経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous positive airway pressure:CPAP)

SASの治療の中で、最も有効性が高く安全かつ確実な方法がCPAP療法です。睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。
重症SASの場合は、CPAPの導入によって、虚血性心臓病や脳血管障害による死亡のリスクを、健常人と同程度まで軽減することができると報告されています。
またED診療ガイドライン[2012年度版]では、EDを合併しているSASの場合、SASへの治療により勃起機能が改善し、バイアグラなどのPDE5阻害剤の併用によりさらに勃起機能が改善するため、治療を推奨されています〔推奨グレードB〕
SASの検査は、ご自宅にて就寝時に時計型の検査機器を装着して寝て頂くだけで、簡単に行うことができます。

治療にかかる費用

中等症以上のSASの場合(一時間あたりの無呼吸/低呼吸指数が20回以上)は健康保険が適用されており、自己負担は3割負担で月に約5,000円弱程度です。ただし、健康保険でこの治療を受ける場合、毎月必ず通院し、受診する必要があります。