【メディプラスゲルの口コミ】使用してわかった成分や効果について徹底解説

メディプラスゲルの口コミ・レビュー|使用してわかった成分や効果を徹底解説

メディプラスは、肌が渇く隙を与えない「乾燥予防」という新発想に基づいて処方された、日本で唯一※のブランドです。

うるおいで包み込んで乾かさない「湿潤美容」のオールインワンゲルには豊富な美容成分が入っており、洗顔後1本でお手入れが完了します。忙しい朝のスキンケアも簡単です。

「肌にうるおいを与えても時間が経つと乾いてしまう」

「油分が多いクリームはこってり感やベタベタ感が苦手」

「何種類もの化粧品を買いそろえるのも、面倒なお手入れもイヤ」

そう感じているなら、ひと塗りで乾燥を防ぐメディプラスのオールインワンゲルがぴったりです。

保湿というと冬だけのものと思うかもしれませんが、春夏も強い紫外線が降り注いだり、エアコンで室内が乾燥したりするので、「乾燥予防」は一年を通して欠かせません。

この記事では、メディプラスのオールインワンゲルの特徴、ゲルの種類ごとのおすすめの選び方、お得に買う方法などを詳しく紹介しています。

※オールインワン化粧品における乾燥予防処方として。TPCマーケティングリサーチ(株)調べ、2021年6月調査。

目次

メディプラスゲルについて

メディプラス商品画像1

メディプラスゲルは、株式会社メディプラスが2002年から販売しているロングセラーのオールインワンゲル化粧品です。累計販売本数は2,000万本※を突破し、オールインワンゲルと言えばメディプラスゲルと言われるほど、高い知名度を誇ります。

洗顔後これ1つでお手入れが完了するオールインワンゲルは、時短やコスパの良さだけでなく、肌への摩擦が少なく、シンプルなケアで「乾燥予防」ができるのが魅力です。

「乾燥予防」とは、肌が乾いてから保湿するのではなく、そもそも「乾かさない」乾燥予防ケアのこと。つまり、常に肌をうるおし続けて、乾く隙を与えず、乾燥しにくい肌環境を作るためのケアを指します。

ポイントは、うるおいを与える水のはたらきとうるおいが逃げないようにする油のはたらきを両方もつ特殊な成分「アクアオイル※1」と、ミネラル豊富な日本最古の美肌の湯「出雲玉造温泉水」の絶妙な配合です。

肌のバリア機能が損なわれていると、いくら外からうるおいを与えてもどんどん逃げてしまいますが、ヒト型セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、肌のバリア機能をサポートする美容成分も贅沢に配合されており、うるおいを逃がさない肌へと導いてくれます。

肌に塗布した後、ゆっくりと時間をかけて浸透※2し、持続してうるおいを与えてくれるゲル状であることも、乾燥予防には理想的です。

※2020年5月時点。メディプラスシリーズ累計本数。

※1 エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10

※2 浸透は角質層まで

メディプラスゲルの特徴とレビュー

メディプラスゲルのオールインワンゲル化粧品には以下の4種類があります。

  • メディプラスゲル
  • ホワイティクリアゲル
  • メディプラスゲルDX
  • スキンエイドゲル

それぞれの特徴を簡単に表にまとめてみました。

商品名メディプラスゲルホワイティクリアゲルメディプラスゲルDX
美容成分数66種類33種類84種類38種類
容量180g
(約2か月分)
180g
(約2か月分)
160g (約2か月分)75g
(約1か月分)
タイプ乾燥予防美白乾燥予防
年齢肌対策
美白
年齢肌対策
税込価格4,070円7,920円8,800円6,930円

基本のメディプラスゲルのほか、美白ケア※がしたい人向けのホワイティクリアゲル、年齢肌※1対策をしたい人向きのメディプラスゲルDX、どちらも気になる人向けのスキンエイドゲルがあります。

いずれも洗顔後1本でお手入れが完了するオールインワンゲルである点は変わりません。

続けて、それぞれの製品の特徴と実際に使ってみた口コミ・感想をレビューします。

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

※1 年齢を重ねた肌

メディプラスゲルのレビュー

メディプラスゲルレビュー画像1

メディプラスゲルは、洗顔後のひと塗りで感想を防ぐ、乾燥予防ゲルです。

肌にうるおいを与えるモイスチャー成分(水分)と、肌からうるおいが失われることを防ぐエモリエント成分(油分)の両方の役割を持ち、長時間のうるおいを保つ「アクアオイル」と、ミネラルを豊富に含む「玉造温泉水」が配合されています。

乾燥予防はもちろんのこと、5種のヒト型セラミド、4種のヒアルロン酸、2種のコラーゲン、13種のアミノ酸など、64種類の美容成分を贅沢に配合している点もポイントです。

保水成分のセラミドの中でも特に「ヒト型セラミド」は、人間の肌に存在するセラミドに近い構造で、人の肌と親和性が高く、保湿力が高いことで知られています。

肌のセラミドが不足すると角層のバリア機能がもろくなり、外からうるおいを与えてもそれを保持することができません。

しかし、セラミドが満たされると肌のバリア機能が高まり、刺激物質の侵入を防ぐと同時に内部のうるおいが蒸散することも防げるのです。

メディプラスゲルレビュー画像2

メディプラスゲルのテクスチャーは「サラサラ・ぷるぷる」。ほとんどベタつきのない、さっぱりとした使用感です。ポンプ式のボトルで、1回の使用量の目安は1~2プッシュ。顔全体に伸ばして、最後に両手で包み込むように押さえます。

季節を問わず気持ち良く使えるオールインワンゲルで、付けた後うるおいが続く感覚がありました。朝つけると、夜まで目元や口周りも乾燥を感じなかったので、エアコンのきいた部屋で過ごすことが多い人にも良さそうです。

ホワイティクリアゲルのレビュー

ホワイティクリアゲルレビュ画像1

ホワイティクリアゲルは、保湿機能と低刺激性にこだわったメディプラス初の薬用美白※化粧品です。有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」「トラネキサム酸」配合で、肌荒れを防ぎ、さらにメラニンの生成をおさえることでシミ※1・そばかすまで防ぎます。

シミやくすみ※2が気になる人、これ以上シミを増やしたくない人、屋外で過ごすことの多い人におすすめのオールインワンゲルです。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

※1 メラニンによる

※2 乾燥してくすんで見える肌のこと

ホワイティクリアゲルレビュー画像2

ホワイティクリアゲルのテクスチャーは、メディプラスゲルと同じく、「サラサラ・ぷるぷる」。みずみずしく、さっぱりとした使用感で、ベタつきはありません。

ポンプ式のボトルで、1回の使用量の目安は1~2プッシュ。顔全体に伸ばして、最後に両手で包み込むように押さえます。

気持ち良く使えるオールインワンゲルで、付けた後、少しすると肌表面はさらりとするのに、ずっとうるおいが続く感覚がありました。

メディプラスゲルDXのレビュー

メディプラスゲルDXレビュー画像1

mediplus14(正方形) もしくは mediplus14-1(横長)

メディプラスゲルDXは、ひと塗りするだけで、肌を乾かさない状態を長時間維持することができ、乾燥を防いでくれるオールインワンゲルです。

年齢肌※の原因となる皮脂が不足した肌へ油分を与えるために、人が本来持つ皮脂成分に似た構造をもつ「スクワラン」と「アボカド油」を高配合し、皮脂不足による年齢肌のケアができます。

粉を吹くほどの乾燥を感じる人や、乾燥による小ジワが気になる人、乾燥で目元や口周りのメイクが崩れやすい人におすすめです。

※年齢を重ねた肌

メディプラスゲルDXレビュー画像1

メディプラスゲルDXのテクスチャーは「とろり」。先の2商品と比べると、こっくりとした使用感です。ポンプ式のボトルで、1回の使用量の目安は1~2プッシュ。顔全体に伸ばして、最後に両手で包み込むように押さえます。

ベタベタするほどではありませんが、濃密な印象で保湿力が高いです。価格はメディプラスゲルの約2倍ですが、配合美容成分も84種類と多く、もっちりとした肌に導いてくれるので、深刻な乾燥やハリ不足に悩んでいる人はこれを選ぶと良いでしょう。

スキンエイドゲルのレビュー

スキンエイドゲルのレビュー画像1

スキンエイドゲルは、シミの原因となるメラニンに着目し、ダブルのアプローチでシミの元凶メラニンを作らせず、さらに顔も手も同時にケアできる美白※エイドゲルです。

1ヵ月分(75g)で6,930円(税込)と、グラムあたりの価格は4アイテムで最も高いですが、「美白も年齢肌ケアも気になるから、ホワイティクリアゲルとメディプラスゲルDXのどっちを選んだらよいか決めきれない…」という人や、顔ジミだけでなく、手の甲ジミも同時にお手入れしたい方にはスキンエイドゲルを選ぶと良いでしょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。

ホワイティクリアゲルのレビュー画像2

スキンエイドゲルのテクスチャーは「ぷるり」。メディプラスゲルやホワイティクリアゲルよりも濃密ですが、メディプラスゲルDXよりはみずみずしい使用感です。

上にゲルが出る少し変わったポンプ式のボトルで、1回の使用量の目安は2~3プッシュ。顔全体に伸ばして、最後に両手で包み込むように押さえます。顔のケアと同時に手の甲のケアもするとよいでしょう。

保湿力は高いですが、ベタつきはほとんどなく、付けた後の肌はしっとり・もっちり。手のひらが吸い付くような感覚で、うるおいに満たされた、ピンッとした感覚が続きます。

種類ごとのおすすめの選び方

メディプラスゲルの4つの製品のそれぞれの特徴とレビューを紹介しましたが、「どれを選んだらよいか迷ってしまう」という人のために、おすすめの選び方を紹介します。

  • 乾燥や肌荒れが気になる、なるべく安い方がいい メディプラスゲル
  • シミ※が気になる、美白※2ケアをしたい ホワイティクリアゲル
  • 皮脂不足による乾燥・年齢肌※3が気になる メディプラスゲルDX
  • 顔ジミ・手の甲ジミが気になる、美白も年齢肌ケアもしたい →スキンエイドゲル

また、テクスチャーと使用感で選ぶなら、さっぱりとして軽いつけ心地なのはメディプラスゲルとホワイティクリアゲル、濃密でもっちりしたつけ心地なのはメディプラスゲルDXとスキンエイドゲルです。

どの製品も洗顔後1本でお手入れが完了するオールインワンゲルで、「乾燥予防」ができる点は変わりません。自分に合ったもの、無理なく続けられるものを選びましょう。

※ メラニンによる

※2 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

※3 年齢を重ねた肌

メディプラスゲルに関するよくある質問

「メディプラスゲルを試してみようかな」と思ったとき、気になる疑問とその答えをまとめました。

美白に効果はありますか?

ホワイティクリアゲルとスキンエイドゲルは、保湿機能と低刺激性にこだわった薬用美白※化粧品です。有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」「トラネキサム酸」配合で、肌荒れを防ぎ、さらにメラニンの生成をおさえることでシミ※1・そばかすまで防ぎます。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

※1 メラニンによる

ニキビ対策はできますか?

メディプラスゲルには4種類の製品がありますが、ニキビ対策専用のものはありません。

ただし、肌の乾燥によって皮脂が過剰に分泌されてニキビの原因になっている場合は、保湿することで肌環境を改善し、ニキビができにくい肌に近づけることは可能です。

その際、顔全体は乾燥を感じるが、Tゾーンはニキビができやすい方には「メディプラスゲル」、あご周りやUゾーンにニキビ(大人ニキビ)ができやすい方には「メディプラスゲルDX」が良いでしょう。

なお、メディプラスに確認したところ、ニキビができている肌に使っても問題はありませんが、ピリピリとした刺激を感じる場合はニキビを避けて使うようにとのことでした。

販売店はどこですか?最安値で買う方法は?

メディプラスゲルは、公式サイトのほか、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどのネットショッピングモールや、全国の取り扱い店舗で購入できます。

通常商品の価格はどこも同じですが、公式サイトには「定期コース(いつでも割)」があり、お買い物金額によって割引が受けられるほか、5,000円以上(税込・割引後)で送料無料、5,000円未満でも送料が110円になるのでお得です。

お試しはできますか?

メディプラスゲルにはお試し用のトライアル製品はありません。

初めてメディプラスゲルを使う場合は30日間全額返金保証が付いており、万一お肌に合わなかった場合でも、受け取り日から30日以内なら商品代金を返金してもらえます。

子どもに使うことはできますか?

年齢・性別を問わずだれでも使えるゲルなので、子どもにも使えます。

幼児にベビーローションの代わりとして使用する場合は、まずは腕の内側などでパッチテストを行うようにしましょう。

まとめ

このページでは、メディプラスのオールインワンゲルについて、4種類のそれぞれの製品の特徴と口コミ・レビュー、よくある質問とその回答についてまとめました。

「オールインワンゲルは手軽で時短できそうだけど、本当に効果があるのかな?」と思っていた人も、メディプラスゲルならシンプルなお手入れで肌に負担をかけず、乾燥予防やプラスアルファのケアができることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ホワイティクリアゲル、メディプラスゲルDX、スキンエイドゲルは、1アイテムの価格としては高く感じるかもしれませんが、これ1つでお手入れが完了するので、化粧水、乳液、美容液、クリームと、ラインで買いそろえることを思えば、決して高くはありません。

乾燥はすべての肌トラブルの原因であり、乾燥予防は季節を問わず大切です。毎日忙しいけれど、みずみずしくうるおったお肌でいたい、年齢を理由にキレイを諦めたくないと思っているなら、ぜひ自分に合ったメディプラスゲルを試してみてください。

目次
閉じる