家庭用脱毛器のおすすめ18選!人気モデルの性能や効果を徹底比較

おすすめの家庭用脱毛器の効果や安全性を徹底調査

自宅で簡単に脱毛ができることで人気の「家庭用脱毛器」。

「本当に効果があるの?」

「素人が使っても大丈夫?」

など、使用する上で気になる点はたくさんあります。

そこで、このページでは家庭用脱毛器について編集部で徹底調査しました。

調べてわかったメリット・デメリットや、おすすめの脱毛器について紹介します。

目次

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

まずは、メリットとデメリットについて解説します。

脱毛器のメリットは手軽に自宅で脱毛ができること

脱毛器の大きなメリットは、脱毛サロンやクリニックに通わなくても自宅で気軽にいつでも脱毛ができるという点です。

好きな時にケアできる

家庭用脱毛器の最大のメリットは、自宅にいながら好きな時にムダ毛ケアができる手軽さです。サロンやクリニックで脱毛する場合は予め予約が必要ですが、時期によっては混みあっていてスムーズに予約が取れず、脱毛が思うように進まないこともあります。

家庭用脱毛器があれば、時間や場所に縛られず自分の好きなタイミングで脱毛できます。

他人に恥ずかしい姿を見られなくていい

サロンやクリニックでの脱毛の場合、脱毛する部位にもよりますがスタッフに体を見られることになります。

中には体を見られることに抵抗がある人もいるでしょう。家庭用脱毛器を使用すれば、人に恥ずかしい姿を見られないため、ストレスを感じずにセルフケアができます。

脱毛に通うより安い

サロンやクリニックでの脱毛ではコースによっては数十万円という多額な費用がかかってしまいます。コース修了時の脱毛状況に満足できる保証もなく、さらに追加料金がかかってしまう可能性もあります。

一方、家庭用脱毛器を使用すればコストを削減できます。脱毛器の購入には数万円程度かかりますが、一度購入してしまえばそれ以降は経済的な負担なく自分の納得いくまで脱毛ができます。

デメリットは時間がかかるし全身の脱毛は難しい点

脱毛器のデメリットは、やはり店舗に通うのと比べて出力を上げることができないため、脱毛が完了するまでに時間がかかるという点です。

また、自分で全身を脱毛することは難しく、背中など手が届かない箇所はできない点や、照射漏れが起きてしまう可能性が高いです。

 時間がかかる

家庭用脱毛器は、サロンやクリニックで使用する脱毛器と比較してレーザーの出力が弱いため、脱毛効果を実感するまでに時間がかかります。

サロンやクリニックでの脱毛効果と同レベルの効果を期待するのであれば、時間と手間をかけて根気よく脱毛し続ける必要があるため、「短時間で効果を実感したい」「手間をかけるのが面倒だ」という人には向かないかもしれません。

全身をケアすることは難しい

全身をケアすることが難しいことも、デメリットの一つです。特にうなじや背中等自分では見えない部分や手の届かない部分の脱毛は難易度が高く、誰かに手伝ってもらう必要があります。

肌トラブルなどのリスクがある

いかなる方法であっても脱毛には肌トラブルのリスクがあります。サロンやクリニックでの施術ではアフターケアが付いていることが多く、場合によっては「炎症止め」等の薬を貰うことができますが、家庭ではそうもいきません。

手持ちの保湿剤を塗っても肌トラブルが改善されない場合は皮膚科の受診も必要となり、結局余分なコストがかかってしまうことになります。

特に、VIOライン等の肌が繊細で弱い部分はトラブルが発生しやすく危険です。

当該電気脱毛器を下たい部等に使用したところ、右下たい部にⅡ度の熱傷。

引用 : 消費者安全法の重大事故等に係る公表について – 消費者庁

永久脱毛はできない

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。脱毛効果を高めるためには長期間に渡ったケアが必要となり、肌へのダメージも蓄積されていきます。中には黒ずみやくすみなどが目立ってしまうケースも。

【脱毛器の選び方】コストや信頼できるメーカーかどうかをチェック

脱毛器の選び方6つのポイント

家庭用脱毛器を選ぶ際には、ポイントを抑えておくことが大切です。脱毛器の選び方のコツをご紹介しますので、参考にしてみてください。

種類をチェック

家庭用脱毛器には主に「フラッシュ式」「レーザー式」「熱線式」「ローラー式」の4種類があります。

フラッシュ式はサロンで使用するものと同じタイプです。照射口が広いため一度で広範囲に当てやすく、セルフ脱毛初心者でも使いやすいという特徴があります。 痛みが弱いのも嬉しいポイントですが、その分脱毛効果を実感するまでに時間がかかることは承知しておきましょう。

一方、レーザー式はクリニックで使われている医療脱毛と同じタイプの脱毛器です。フラッシュ式と比較すると脱毛効果を実感しやすいですが、その分痛みも伴います。また、顔やVIO等肌が弱い部分への脱毛では肌トラブルのリスクも高まります。

熱線式は表面に出ている毛を熱線で焼き切るタイプ、ローラー式は肌にローラーを当て毛を絡めて引っこ抜くというタイプですが、効果的に脱毛するのであればフラッシュ式あるいはレーザー式を選択することをおすすめします。

脱毛したい部位や自分の肌の状況、脱毛にかけられる期間や時間を考慮した上で、フラッシュ式かレーザー式かを選ぶようにしましょう。

照射部位や性能で選ぶ

脱毛器によっては、顔やVIOラインには対応していないものもあります。自分が脱毛したい部位に対応した脱毛器であるかどうかを調べておく必要があります。

脱毛器の種類上半身下半身VIO
フラッシュ式〇(機種による)〇(機種による)
レーザー式△(機種による)△(機種による)

性能も、脱毛器によって様々です。家庭用脱毛器を使用して、より効果的・快適に脱毛するためには、以下のような性能を備えている脱毛器を選ぶことをおすすめします。

機能内容
連続照射モードその都度ボタンを押さなくても連続して照射できる機能
冷却機能脱毛後の皮膚を冷却して肌トラブルを予防する機能

また、照射範囲についても確認しておきましょう。脱毛器の照射口が狭いと「照射漏れ」が起こりやすく、脱毛にムラができてしまいます。それだけでなく、照射回数の増加によるコスパダウンにも繋がります。

照射口が広いものを選ぶことで一度に広範囲の脱毛が可能となるため、「照射漏れ」や「ムラ」が起こりにくくなるのはもちろんのこと、脱毛時間の短縮にも繋がります。

ランニングコストで選ぶ

家庭用脱毛器を選ぶ際には「ランニングコスト」にも注目してみてください。脱毛器には最大照射回数が設定されていて、ほとんどの家庭用脱毛器の場合10万~30万回以上となっています。

ショット単価は、「脱毛器の値段÷最大照射回数」で求められます。お得に脱毛するためにも1ショットあたりの価格が少しでも安く済むよう、コスパの良い脱毛器を選びましょう。

また家庭用脱毛器はさまざまなメーカーから販売されています。特に海外製のものはお得に手に入れられることが多く魅力的に感じますが、安全性や脱毛効果を考慮した場合、国内製で信頼できるメーカーのものをおすすめします。

どの脱毛器を選ぶにせよ、口コミは必ず確認するようにしてください。せっかくお得に購入しても品質が伴っておらず再度購入することになっては元も子もありません。

このページでは、信頼できるメーカーの脱毛器を厳選して紹介しているので、どの脱毛器がいいかわからないと言う方は下記でおすすめしている脱毛器の中から選ぶようにしましょう。

【2022年最新版】おすすめの家庭用脱毛器18選

脱毛器の選び方について紹介してきましたが、次は調べてわかった安心して使えるおすすめの家庭用脱毛器を18個ご紹介します。

脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション商品画像
商品名脱毛ラボ ホームエディション
価格71,478円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎)
最大照射回数最大出力で30万回
照射範囲4.8㎠
1ショット単価0.238円
搭載機能・連続照射
・冷却クーリング機能
販売メーカー脱毛ラボ
保証期間1年

「サロン品質を、おうちで」をコンセプトに作られた家庭用脱毛器。1照射あたり約10ジュールという脱毛サロンと同様の業務用パワー出力を実現しています。

パワーは5段階から選べるため、部位や痛みに合わせて調整も可能。

顔やVIOを含め、全身に対応しています。冷却クーリング機能も搭載しているため、肌トラブルの予防も合わせて行えます。

連続照射機能もあるため照射の度にボタンを押すわずらわしさもなく、全身への照射が約15分で終了。また、「高性能タッチセンサー」も搭載しているため、凹凸が多い顔や指、手や足の甲、背中等もラクラクケアできます。

カートリッジ交換も不要なので、一度購入すれば長く使用できます。

ケノン

ケノン商品画像
商品名ケノン
価格69,800円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位頬より上の部分・目元・唇など色素の濃い部分はNG その他全身に使用可
最大照射回数最大出力で50万回
照射範囲7㎠
1ショット単価0.139円
搭載機能・スキンケアカートリッジ
・連続照射機能(3回or6回)
販売メーカーアローエイト株式会社
保証期間最大2年間(レビュー投稿した場合)

日本国内メーカー製造のレーザー式家庭脱毛器。Yahoo!ショッピング売り上げ総合ランキングで第1位を獲得する人気っぷりです。

カートリッジ交換式の脱毛器ですので、部位に応じて使い分けが可能です。また、「シミ取り」や「スキンケア」等の用途にも対応しています。最大照射回数を使い切った後でも、カートリッジを交換すればまた1から使用可能。トータルで考えると、コスパも悪くないです。

頬より上の部分には使用できませんが、頬より下の部分やVIOにはしっかりと対応していますので、全身脱毛に使うのに困ることはないでしょう。

冷却機能はついていないため、保冷剤で冷却しながらの脱毛をおすすめします。

ホームストラッシュ

ホームストラッシュ商品画像
商品名ホームストラッシュ
価格116,500円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎)
最大照射回数40万回
照射範囲
1ショット単価0.18円
搭載機能・連続照射機能
・冷却機能
販売メーカーショップSTLASSH
保証期間・初回交換は永久保証
・初回交換無償

医療関係者が選ぶ脱毛サロン6年連続No.1を誇る人気脱毛サロン「ストラッシュ」が長年の経験と知識をもとに開発した家庭用脱毛器「ホームストラッシュ」。

一台で、脱毛だけでなく美肌ケアまで出来ちゃう優れもの。メラニン・ヘモグロビンにバランスよく吸収される波長域を使用しそこに温熱を加えるため、肌の血流を改善し巡りを良くしてくれるのです。スキンケアの効果を持ち上げる作用が期待できます。

5段階のレベルだけでなく、モードも2種類用意されています。顔等デリケートな部分には「SRモード」を使用したマイルドなケア、ワキ等毛が濃い部分やボディには「HRモード」で最大12ジュールのパワーを使用したケアをおすすめします。

連続照射機能・冷却機能も搭載。ボタンを1回押すだけで連続照射が可能で、全身への照射は20分ほどで終了。高性能タッチセンサーがあるため、背中など見えにくい場所や顔などの凹凸がある部分へのケアもしっかり網羅できます。冷却機能も充実していて、ホームストラッシュでは照射面そのものが冷えます。

面倒なカートリッジ交換は一切不要。使いやすい脱毛器です。

ヤーマン レイボーテ RフラッシュハイパーPLUS

ヤーマン レイボーテ RフラッシュハイパーPLUS商品画像
商品名ヤーマン レイボーテ RフラッシュハイパーPLUS
価格79,200円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VI◎ヒゲ◎胸毛◎)
最大照射回数90万回
照射範囲9.24㎠
1ショット単価0.088円
搭載機能・LEDヘッド
・肌色センサー
販売メーカーヤーマン
保証期間1年間

美顔器等で有名なヤーマンが販売する家庭用脱毛器「レイボーテ」シリーズは、すべての機種が日本製。日本人のために開発されており、安心できます。

2017年モデルと比較し照射面積が2.3倍にもなった、2021年モデルの「RフラッシュハイパーPLUS」。指や鼻の下等、細かくて狭い部分もしっかり脱毛できるように「LEDヘッド」も装備されました。「LEDヘッド」はエステサロンにおいても人気の美肌ケアです。

さらに、VIラインや男性のヒゲ・胸毛にも対応できる「VI」ヘッドもついており、男性でも使いやすい脱毛器となっています。

この機種は、部位に合わせてモードを切り替えることでより効果的に脱毛できます。腕や足には「ローラーモード 」、ワキや顔、ビキニライン、ヒゲ、胸毛には「シングルモード」を。

「肌色センサー」を搭載しており、肌の色を読み取り5段階から適切な出力に自動調整してくれるのも嬉しいポイント。お肌への配慮が感じられる脱毛器です。もちろん、自動調整を「強い」「弱い」と感じる場合には、手動での調整も可能です。

専用アプリとの連携により、お手入れタイミングの管理やローラーモード使用時の速度判定、ヘッド交換タイミングのお知らせ等便利な機能が利用できます。快適な脱毛ライフが送れますよ。

トリア パーソナルレーザー脱毛器

トリア パーソナルレーザー脱毛器商品画像
商品名トリア パーソナルレーザー脱毛器
価格48,000円(税込)
種類レーザー式
対応部位全身(顔の鼻から上部分、ビキニライン以外のデリケートゾーンはNG)
最大照射回数特になし ※カートリッジ式でないため、電池の寿命が製品の寿命
照射範囲1㎠
1ショット単価なし
販売メーカートリア(原産国タイ)
保証期間・30日間はいかなる理由であっても返品OK
・2年間保証
・10年の安心サポート
※10年以内であれば1商品1回につき半額で新品の購入が可能

クリニックで用いるダイオードレーザー技術を開発したレーザーの専門家によって考案された商品。

レーザー式を採用し、家庭用脱毛器の中では唯一最大22ジュール/㎠ダイオードレーザーを搭載した機種。光脱毛にはない脱毛力を取得し、特許を取得しています。約3カ月程で脱毛効果が実感できるそう。「光脱毛では物足りない」「早めに効果を実感したいけれど自宅で脱毛したい」という人にピッタリです。

アメリカではFDA認可も得ており、安心できる商品です。カートリッジ等の部品交換は一切不要ですので、ランニングコストがかからないのも嬉しいポイント。

基本的な操作は全てボタン一つで完結。コードレスで使いやすさも抜群。照射レベルは5段階で調整可能です。

トリアの調査では、この機種の購入者の約半数が男性なんだとか。成長スピードの早いヒゲは光脱毛で毛量を減らすのが難しいのですが、トリアではレーザーでケアできるためより満足できる脱毛結果となるそうです。

ミュゼコスメ SSCエピフォトスキンケアプロ

ミュゼコスメ SSCエピフォトスキンケアプロ商品画像
商品名ミュゼコスメ SSCエピフォトスキンケアプロ
価格79,200円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎)
最大照射回数30万回
1ショット単価0.264円
搭載機能冷却機能
販売メーカーミュゼコスメ
保証期間5年保証

1台で全身のムダ毛ケア+美肌ケアが叶う光美容器。大人気脱毛サロン「ミュゼプラチナム」がサロンのノウハウを駆使して作り上げた家庭用脱毛器です。

他製品と比較して保証期間が圧倒的に長いという特徴があります。5年以内であれば、30万回の照射が終わった後でも無料でランプを交換してもらうことができます。

背中やVIO等手の届きにくい所にも当てやすいよう、L字型を採用。誰かに頼まなくても、自分で体の隅々まで脱毛できちゃいます。アタッチメントも、顔等の細かい部分用とその他の部分用の2種類に分かれているため、パーツごとに合わせたケアができます。出力モードも5段階で調整できますよ。

5℃の即冷却機能も搭載。脱毛と同時に肌をクーリングすることで痛みや炎症を最小限に抑えます。脱毛前後の冷却の手間が省けますね。

ムダ毛ケアが終わっても「フォトスキンケア」として使用でき、無駄にならないのも嬉しいです。「Photo S」モードでは、美肌ケアに適した波長の光で肌にうるおいやハリ・ツヤを与えてくれます。

ルメアプレステージ

ルメアプレステージ商品画像
商品名ルメアプレステージ
価格69,850円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎ひげ◎)
最大照射回数約45万回
1ショット単価0.155円
搭載機能安全センサー
販売メーカーフィリップス
保証期間2年保証

世界最先端の医療機器メーカー「フィリップス」が、最先端の皮膚科医との共同開発した、家庭でも効率的にそして肌に優しく脱毛・脱毛後のケアができるよう開発した美容器です。

アジア人の肌で安全性テストを行っているため、安心して使用できますね。

「IPL」という超短いパルス光を当てると、毛根にある「毛包」が休止状態となるため生えてくる体毛が次第に少なくなっていきます。脱毛を繰り返すことで、なめらかでムダ毛のないつるつる肌を実現。さまざまな毛色・肌色に対応しています。

「ワキ」「ビキニエリア」「体」「顔」4種類のアタッチメントが付属しており、体のパーツに合わせて脱毛できます。客観的な調査では、たった3回のケアで最大92%ものムダ毛ケア効果が得られることがわかっています。最初の4回は2週間毎、以降は4週間毎のお手入れを行いトータル12回実施した後は6ヵ月間ムダ毛のない状態で快適に過ごせるそうです。

誤照射を防ぐ「安全センサー」も搭載。機械が正しく当たると「READY」ランプが点灯して教えてくれます。

Sarlisi IPL脱毛器

Sarlisi IPL脱毛器商品画像
商品名Sarlisi IPL脱毛器
価格12,980円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎ビキニライン◎)
最大照射回数約60万回
1ショット単価0.021円
照射範囲4㎠
搭載機能連続照射モード
販売メーカーSarlisi
保証期間1年保証

美容・生活家電を扱う国内メーカーSarlisiが開発した脱毛器。国内メーカー品というだけあって、日本人の肌質や毛質に合わせて作られているのが特徴です。

コスパの良さで群を抜いている「Sarlisi IPL脱毛器」。冷却機能等はついていないものの、カートリッジ交換不要で手軽に使うにはピッタリの商品なのではないでしょうか。

エステサロン等でも使用されているIPLを利用しているため、フィリップスのルメアプレステージと同様、肌への負担を抑えながら毛量を減らしていくことができます。

照射レベルはなんと9段階。弱めの出力から試すことができるため、痛みに不安がある人でも安心して使用できます。脱毛モードの他、スキンケアモード・美肌モードも搭載しています。

お値段から見ても、初めての脱毛である人や家庭用脱毛器に不安を感じている人にもおすすめできるアイテムです。

Braun シルクエキスパートpro5

Braun シルクエキスパートpro5商品画像
商品名Braun シルクエキスパートpro5
価格46,800円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身
最大照射回数40万回
1ショット単価0.117円
搭載機能連続照射モード
販売メーカーブラウン(イギリス)
保証期間1年

こちらも、IPLを利用した家庭用脱毛器。早い人であれば4週間程度で脱毛効果を実感できるそう。

膝や肘、顔、ワキ、デリケート等へのケアに最適な「コンパクトヘッド」付き。モードも「普通」「やわらか」「超やわらか」モードの3段階から選べ、「やわらか」「超やわらか」モードでは照射パワーを落として肌をいたわりながら脱毛できます。

出力パワーは自動調整してくれるため、肌の色に合わせて負担の少ないケアが可能です。

皮膚科学者や研究者が所属している「スキンヘルスアライアンス」からも、テスト済みと認可を受けているため、安全に配慮した家庭用脱毛器だと言えるでしょう。

継続的な照射により毛穴にもアプローチできるのだとか。脱毛しながら美肌ケアもできてしまう優れものですね。

パナソニック 光エステ

パナソニック 光エステ
商品名パナソニック 光エステ
価格
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎男性◎)
最大照射回数30万回
照射範囲範囲体・Vゾーン用:7.2㎠
搭載機能連続照射機能
販売メーカーパナソニック
保証期間

「ハイパワーなのに低刺激」をコンセプトにした、パナソニックから販売される家庭用脱毛器。肌刺激を抑えながらパナソニック史上最高パワーの出力なのだとか。もちろん、安心の日本製です。

皮膚科医専門医が監修して「肌刺激カットフィルター」を導入。刺激となりやすい光エネルギーをフィルターが一部吸収するのが、肌刺激を抑える仕組みです。

肌検知センサーが肌色に合わせたおすすめの出力を自動で調整してくれるため、肌への負担がより軽減されます。

使い始めは2週間に1度、3ヵ月目以降は4~8週間に1度のケア頻度でOK。連続照射機能もあり、1分間に60照射が可能。スピーディーに脱毛できます。アタッチメントは「ボディ・Vゾーン」「I・Oゾーン用」「フェイス用」の3種類。

脱毛はもちろんのこと、使えば使うほど肌の「なめらかさ」「すべすべ感」「毛穴の目立ちにくさ」を実感できるそう(パナソニック調査)。

アイリスオーヤマ エピレタ

アイリスオーヤマ エピレタ商品画像
商品名アイリスオーヤマ エピレタ
価格12,800円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎Vライン◎IOラインはNG)
最大照射回数約15万回
1ショット単価0.085円
搭載機能・セーフティー機能
・タッチセンサー
販売メーカーアイリスオーヤマ
保証期間1年間

光と超音波を組み合わせた「ホームパルスライト(HPL)」という独自技術で、肌に優しい脱毛を実現。特許も取得しています。光照射に加え超音波で毛に振動を与えながら脱毛することにより脱毛効果を促進しつつ、肌への負担は抑えてくれます。

「肌色センサー」を搭載し、センサーが肌の色を自動でチェック。さらに「セーフティー機能」も付いており、極端に日焼けしている等脱毛に適さない部分には光が照射されないため、安全に使うことができます。

安全機能の面では「タッチセンサー」も搭載。照射面と肌がきちんと密着していない場合には照射されない仕組みになっており、誤って目に照射されてしまうことはありません。

充電式ではなくコンセントに接続しながら使用するタイプであるため、途中で電池切れになる心配もありません。

ホームスキノベーションズ センスエピ

ホームスキノベーションズ センスエピ商品画像
商品名ホームスキノベーションズ センスエピ
価格24,800円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身
最大照射回数5万回
1ショット単価0.496円
照射範囲2.7㎠
搭載機能肌色センサー
販売メーカーホームスキノベーションズ
保証期間1年間

美容大国「イスラエル」で生まれた美容機器ブランド「Sil’n(シルキン)」が開発した家庭用脱毛器。レーザーや光を中心とする美容機器業界で多くの商品開発に携わった経験のある専門家が「一人でも多くの女性が自宅で手軽に美しくなれる」をモットーに様々な美容機器を開発してきました。

センスエピは、肌に密着させスライドするだけで照射する自動照射システムを搭載。肌色センサーもついており、照射レベルは部位によって5段階のなかから調整可能です。

Notime icelady

Notime icelady商品画像
商品名Notime icelady
価格33,000円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎)
最大照射回数30万回
1ショット単価0.11円
搭載機能ICE機能
販売メーカーノータイム
保証期間60日間返金保証 1年間品質保証

VIOを含め全身に脱毛出来るのが嬉しい「アイスレディ」。「ICE機能」を搭載し、痛みや肌への刺激を最小限に抑えます。

アイスレディは工場が自社でブランド運営するファクトリーブランドであるため、工場直営によりコストも抑制。「スザンヌ」や「加藤彩菜」等、芸能人も使用しているそう。

商品到着後60日間は、「効果が感じられない」「肌に合わない」「医療脱毛を契約したから不要になった」等いかなる理由であっても全額返金対応してもらえる保証付き。

最大15.5ジュールというハイパワー脱毛により、産毛まで綺麗に撃退します。週3回の使用で、4週間後にはツルスベ肌を実感できるのだとか。さらに、肌への刺激を抑制しているため「毎日」でも使用可能。短期間で脱毛効果を得たい人におすすめです。

ラヴィ 家庭用脱毛器

ラヴィ 家庭用脱毛器
商品名ラヴィ 家庭用脱毛器
価格54,780円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(顔◎VIO◎)
最大照射回数最大100万回
1ショット単価0.05円
照射範囲6㎠
販売メーカーラヴィ
保証期間2年

「業界最高峰の光パワーをご自宅で」がコンセプトの日本製家庭用脱毛器。1照射あたり40ジュールを実現し、サロン品質のツインコンデンサーを搭載しています。ハイパワーであるだけでなく、照射範囲はなんと最大6㎠。濃く太い毛にもしっかりと反応します。

それにも関わらず小型で小回りがきく設計、重量はわずか110gとなっているため、扱いやすさも抜群。片手でラクラク脱毛できてしまいます。

最大照射回数はマックスで100万回程度となっていますが、カートリッジ交換を行えば永久的に使用できます。

パワーは7段階で調整可能。肌のコンディションや部位、毛の濃さに合わせて調整できます。IPLも搭載しているため、毛を生やす力を弱めることで毛穴の目立たない肌を目指します。

製品は、長野県伊奈群中川村の工場で厳しい品質管理を行った後に出荷されるため、品質にも安心できますね。

パナソニック 脱毛器 ソイエ

パナソニック 脱毛器 ソイエ商品画像
商品名パナソニック ソイエ
価格7,350円(税込)
種類ローラー式
対応部位顔・IOライン以外
販売メーカーパナソニック
保証期間なし

パナソニックから販売されている、ローラー式の脱毛器です。旧モデルと比較し30%もワイドになったヘッドで、1回の動作でより広範囲のムダ毛ケアが可能になりました。さらに毛を挟むツメの枚数も48枚から60枚へ増え、脱毛漏れがないように工夫。

密着スイングヘッドの可動範囲は約90°。足先等手が届きにくいところにも密着しやすい設計になりました。また安全に脱毛できるよう、手元が暗くならないようにLEDライトが自動点灯します。脱毛範囲が見やすく、ケアがはかどりますよ。

スピードは3つのモードから調整可能。「スピーディー」「ノーマル」「ソフト」を部位や好みに合わせて調整します。

肌への負担を軽減するため、そして脱毛後の繊細な肌を清潔に保つために、お風呂での使用も可能です。きめ細かい泡がムダ毛を1本1本絡めとりながら、肌を柔らかく整えます。

CyDen スムーズスキン pure fit

CyDen スムーズスキン pure fit商品画像
商品名CyDen スムーズスキン pure fit
価格49,500円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身
最大照射回数100万回
1ショット単価0.049円
販売メーカースムーズスキン(イギリス)
保証期間1年

「パワフル、圧倒的スピード、スマート」な家庭用脱毛器。最大パワーは6ジュール/㎠と、家庭用脱毛器最強クラスとなっています。

脱毛は「パワーモード」「ジェントルモード」「スピードモード」の3モードから選択します。パワーモードは肌の色に合わせて照射するタイプ、ジェントルモードは、初めての使用時やお手入れに痛みを感じる場合等に使用する、出力を抑えたモード。そしてスピードモードは腕や足等比較的体毛が薄く広範囲に渡る部位におすすめです。

肌の色に合わせて照射モードを10段階の中から自動調整する「スキントーンセンサー」搭載。また、照射面と機械がしっかり密着していないと照射されない「スキンコンタクトセンサー」もついています。

手足の指や口元等照射しづらい部位もきちんとケアできるように、付けはずしが可能である「プレシジョンヘッド」が付属しています。ピンポイント脱毛にもピッタリです。

ANLAN Japan 脱毛器

ANLAN Japan 脱毛器商品画像
商品名ANLAN Japan 脱毛器
価格12,900円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身(IOライン以外)
最大照射回数99万回
1ショット単価0.013円
照射範囲3㎠/1㎠
搭載機能自動照射モード
販売メーカーANLAN
保証期間1年

最大12ジュールの照射エネルギーで、わずか4週間の利用で最大75%のムダ毛が目立たなくなる家庭用脱毛器。

出力パワーは5段階から調整可能。照射範囲は1㎠と3㎠から選べ、部位に合わせて変えることができます。

最大照射回数はなんと99万回。家族と一緒に使え、コスパが良い脱毛器です。脱毛器の購入で保湿クリームもセットで付いてくるため、脱毛後の肌ケアにも困りません。

FASIZ 冷感脱毛器

FASIZ 冷感脱毛器商品画像
商品名FASIZ冷感脱毛器
価格7,999円(税込)
種類フラッシュ式
対応部位全身
最大照射回数50万回
搭載機能冷却クーリング機能
販売メーカー日安商事
保証期間1年

IPL光脱毛器ですが、商品名の通り「冷却クーリング機能」を搭載しています。それと合わせて、肌の角質層を守る「スムーズスキン」も搭載。肌の表面を傷つけることなく、うるおいもキープ。

モードは「自動照射モード」「手動照射モード」の2種類。自動肌色認識機能もあるため、部位や肌色に合わせた安全な脱毛が可能です。

パワーを最大まで上げた場合、業務用と同じレベルで脱毛が可能。お値段もお得で、自宅にいながら効率的な脱毛ができてしまう優れものです。

家庭用脱毛器を使用する際の注意点

 どの家庭用脱毛器を使用するにしても、注意点があります。正しく使用しないことで肌トラブルのリスクに繋がりますので、注意しましょう。

照射時間や使用回数をってやりすぎに注意する

照射時間や使用回数、使用頻度は必ず守るようにしましょう。効果的な照射方法や使用頻度は製品によって異なるため、必ず取扱説明書を確認してから使用を開始しましょう。

「早く毛を薄くしたい」という気持ちはよくわかりますが、規定を守らずに照射しすぎてしまうと肌へのダメージが強まり、赤みやヒリヒリ感、吹き出物が出てきてしまう可能性があります。脱毛でせっかく肌を綺麗にしたいのに、照射のしすぎで肌がボロボロになってしまっては元も子もないですよね。

クールダウン、保湿は必須

脱毛後のケアとして、「クールダウン」と「保湿」は必須です。照射後の肌は、極端に言い表すと軽い「やけど」状態となることがあります。冷却しないことにより肌の炎症が強まってしまうため、脱毛の冷却機能あるいは保冷剤等によりしっかりと局部を冷やしましょう。

また、保湿も重要です。顔は普段のスキンケアアイテムで優しく保湿し、体は「ワセリン」や「ボディローション」でたっぷり保湿するようにしましょう。保湿は、脱毛したその日だけでなく毎日継続しましょう。

使用に関するよくある質問

家庭用脱毛器に関するよくある質問

最後に、家庭用脱毛器のよくある質問について解説します。

家族で使い回ししてもいい?

家庭用脱毛器は安い買い物ではないので、「一台を家族で使いまわしたい」と考えることもあるでしょう。

脱毛器のカートリッジが交換できるタイプのものであれば、交換して使いまわす分には問題ありません。

カートリッジ交換タイプのものでない場合でも「絶対にダメ」ということはないのですが、肌には多くの雑菌が存在しているためそのままの状態での使いまわしは衛生的におすすめできません。どうしても使いまわしたい場合は、アルコール消毒などで除菌してから使用し、使用後は湿気の少ないところで乾燥させておくことをおすすめします。

男性でも使える?

脱毛器の種類にもよりますが、最近では「メンズ脱毛」の流行に乗って、家庭用脱毛器も男性が使用できるものが増えてきています。

ヒゲやすね毛等は女性と比較して太さも色も濃いため、効果的に脱毛するためにも男性にも対応している機種であるかを確認してから使用するようにしましょう。

脱毛器で永久脱毛はできる?

家庭用脱毛器では、永久脱毛はできません。一時的な脱毛効果が得られるものとして販売されているためです。しかし、根気よく脱毛を継続することでムダ毛は確実に薄くなっていくため、永久脱毛の状態に近づけることはできるかもしれません。

目次
閉じる