【コスパ重視】青汁のおすすめ人気ランキング22選!国産で飲みやすい青汁を厳選

青汁は手軽に野菜を摂取できる一つの方法として昔から幅広い年代の人々に親しまれていますが、中には「美味しくなさそう」と青汁を飲むのをためらってしまう人がいることも事実です。

「まずい!もう一杯!」というフレーズが昔から有名な青汁ですが、最近の青汁は美味しくて飲みやすい青汁もたくさんあるので、日々の健康に青汁を取り入れてみたい人はぜひ最後まで読んでみてください。

目次

青汁を飲んだ方がいい理由

日本人は野菜不足?

青汁を飲んだ方がいい理由を一言で言うと、「野菜を効率的に摂取し現代の日本人の食事に不足しがちな栄養を補うことができるから」です。

日本人は野菜摂取量が足りていない?

平成30年の「国民健康・栄養調査」によると、成人男性の平均は290g、成人女性の平均は270gとなっており、いずれも目標摂取量の350gに到達していないことがわかっています。

これには、現代人のライフスタイルや調理法も影響しています。

仕事が忙しい人はどうしても外食の頻度が多くなる傾向にあり、野菜の不足だけでなく栄養摂取全体のバランスが崩れやすいです。

特に、一人暮らしの場合は「野菜を買っても腐らせてしまう」と、スーパーでもなかなか野菜に手が伸びない人も多いですよね。

また、自炊をしている場合でも、日本人の野菜の調理方法は「サラダ」や「炒め物」に片寄りやすく、野菜のカサの割に目標摂取量を効率的に摂取しにくい状況にあります。

推奨されている1日の野菜摂取量は350g

健康日本21」では野菜の1日の目標摂取量を350gと定め、目安としては「1食1皿以上」「1日5皿分」の摂取が推奨されています。

野菜には、健康な身体機能の維持に欠かせない「ビタミン」や「ミネラル」、「食物繊維」といった栄養素が豊富に含まれます。それらが不足することで、慢性疲労や便の不調などの体調に関するリスクが高まることがわかっています。

日々の食事から目標量を意識的に摂取できることが理想的ですが、ライフスタイルなどの影響でどうしても難しい場合は、サポートとして青汁の摂取を取り入れることをおすすめします。

あくまでも、青汁は「補助的役割」であり、青汁を飲んでいるから野菜は食べなくて大丈夫」というわけではないことを理解しておきましょう。

青汁を飲んだ方がいい人
  • 食生活が偏っていて野菜が足りていない
  • 健康診断の結果が良くなかった
  • 肥満気味である
  • ダイエット中の人

青汁の選び方

原料や目的別でぴったりの青汁を見つけよう

青汁は原材料やそのほかに含まれている栄養素など、様々な種類があるのでどの青汁を飲めばいいのか分かりにくいです。

ここでは、原料や目的別に、青汁の選び方のポイントをご紹介します。

原料で選ぶ

青汁の原料は主に4つあります。自身の体調や補いたい栄養素に合わせて選びましょう。

ケール

ケール
出典 : wikipedia

「スーパーフード」と呼ばれるほど、栄養素を豊富に含む野菜、ケール。

  • ビタミン(B群、C)
  • ミネラル(カリウム、マグネシウム、リン)

をたっぷり摂取できます。

特にビタミンB群の葉酸は、妊婦の方に推奨されていて、妊娠中の女性や貧血気味の女性が積極的に摂取したい栄養素の一つです。

カリウムには血液中のナトリウムの排出を促す役割があるため、塩分過多が気になる人にもおすすめです。

しかし、ワーファリンなどの血液をさらさらにする薬を内服している人は飲み合わせが悪いため、注意が必要です。

味に関しては、野菜独特の青臭さや苦みが強いため、少々飲みにくさを感じてしまうかもしれません。

明日葉

明日葉
出典 : JAタウン

明日葉は、

  • 食物繊維
  • βカロテン
  • ポリフェノールの一種であるカルコン・クマリン

を豊富に含みます。

食物繊維は、血糖値の急上昇を抑え腸の調子を整える働きをしていますが、こちらも現代日本人の食事では不足しがちな栄養素です。

カルコン・クマリンは抗酸化作用をもち、健康維持や美容にもよい影響を与える成分です。

βカロテンは免疫力を強化する役割をもつ脂溶性ビタミンの一種で、脂質と一緒に摂取することで吸収が良くなります。

青汁を豆乳や牛乳で割って飲むのをおすすめします。

味に青汁独特のクセはありますが、ケールよりも苦みは少なく、飲みやすいと感じます。

大麦若葉

大麦若葉
出典 : 日本粉末薬品株式会社

青汁の原料として最も多く使われる大麦若葉には、

  • 食物繊維
  • ビタミンC
  • カリウム

などの生命に大切な栄養素が凝縮されています。

また、赤血球を作る働きもあるため、貧血予防にも効果的です。

大麦わかばを原料とした青汁は味も比較的マイルドで、青臭さや苦みが抑えられ比較的飲みやすく、初めて青汁を飲む人にもおすすめできます。

桑の葉

桑の葉
出典 : (株)日本機能性食品開発

桑の葉は、

  • ミネラル(亜鉛、マグネシウム、カルシウム、カリウム、鉄)
  • 食物繊維

を豊富に含む葉野菜です。

さらに、桑の葉だけに含まれる「DNJ(1-デオキシノジリマイシン)」は、糖の吸収を阻害し血糖値の急激な上昇を抑える効果が優れており、血糖値や肥満傾向が気になる人におすすめです。

多少の青臭さはありますが、苦みはほとんどなく、慣れてしまえば飲みやすい味です。

目的で選ぶ

青汁には原料となる野菜以外にもさまざまな栄養素が含まれているため、飲む目的によって適した青汁は異なります。

ここからは、青汁を飲む目的ごとに、おすすめの青汁をご紹介します。

ダイエットのサポート

ダイエット中は食事全体量を減らしてしまいがちですので、野菜の摂取量もおのずと減ってしまいます。

野菜不足の状態は腸内環境の悪化や血糖値の急上昇を招きやすく、「痩せにくい」身体に陥ってしまいます。

ダイエットによる食事バランスの片寄りにも、青汁のサポートがおすすめです。

先にも紹介した通り、青汁に含まれる成分には

  • 栄養バランスを整える
  • 血糖値の急激な上昇を防ぐ
  • 腸内環境を改善する

などの効果があり、さらに腹持ちがよく満足感が得られるため、ダイエットとは大変相性が良いのです。

「青汁のめぐり」や「小林製薬 キトサン青汁」、大正製薬「大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)」などがおすすめです。

乳酸菌を摂取する

乳酸菌は、腸内で悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える働きをしています。

お通じを整えるのはもちろん、免疫機能にも関わっている大事な栄養素です。

お通じの悩みがある人や、かぜ予防などに興味がある人は乳酸菌の配合量が多い青汁を選びましょう。

世田谷自然食品「乳酸菌青汁」や、「えがおの青汁乳酸菌」がおすすめです。

美容のサポート

青汁は美容のサポートとしても活躍します。

青汁に多く含まれるビタミンCは、肌のコラーゲンを合成しダメージのもとになる活性酸素の働きを抑制するため、肌荒れのケアにおすすめです。

しみやそばかすの元となるメラニン色素の沈着も防ぐため、しみやそばかす、大人にきびの予防にもなります。

ビタミンB群にも皮膚の保護やターンオーバーの促進、皮脂の過剰分泌抑制などの作用があるため、美肌には不可欠です。

また、食物繊維には整腸作用があり、美容は腸とも深い関係があります。

腸が良い状態に保たれていることで、老廃物の代謝が活発になり、肌もきれいになっていきます。

美容を目的に青汁を飲む場合は、ビタミンや食物繊維を豊富に含む、ヤクルト「国産ケール青汁」や日本薬健「金の青汁」などがおすすめです。

コレステロール対策

青汁は血中コレステロール濃度を下げてくれます。

コレステロールが高い状態が続くと、様々な不調をきたすのリスクが出てきます。

健康診断の結果を受け取ったら必ず中性脂肪やコレステロールの値をチェックしましょう。

体の不調を予防するためにも、野菜や青汁の摂取で栄養バランスを整えましょう。

コレステロール対策で青汁を飲むなら大正製薬の「大麦若葉青汁(キトサン)」がおすすめです。

血圧対策

青汁に含まれる「カリウム」や「マグネシウム」には、血圧を下げる働きがあります。

カリウムは、体内のナトリウム=塩分を尿で体外に排出させる役割を担い、血圧を調整しています。

一方、マグネシウムは血圧に直接的に影響するわけではありませんが、マグネシウムを十分に摂取している人は血圧が低下するということがアメリカの研究で明らかになっています。

マグネシウムはカルシウムが血管を収縮させるはたらきを抑制し、血圧を正常に保つ役目があります。そのためその役目を果たすマグネシウムが不足してしまうと、高血圧を引き起こす原因の1つとなります。

引用 : Medical Note

青汁を飲むことで、不足しがちなカリウムやマグネシウムなどのミネラルを簡単に補給でき、高血圧対策に繋がります。

青汁のなかでも特にミネラルを多く含む「ケール」を原料にしている、キューサイ「ケール青汁」、ヤクルト「国産ケール青汁」などがおすすめです。

血糖値対策

青汁には血糖値対策ができるものがあります。

食物繊維が多く含まれた青汁を飲むことで、糖の吸収を穏やかにすることができる機能性表示食品の青汁が販売されています。

食物繊維は消化されずに腸まで届き、腸の中をゆっくりと進みながら糖の吸収を抑制してくれています。

血糖値が気になる人には、大正製薬「ヘルスマネージ キトサン」、山本漢方「大麦若葉青汁」、日本薬健「金の青汁」などがおすすめです。

コスパで選ぶ

健康や美容のためには青汁を毎日継続して飲むこと必要があります。

継続するとなると、問題となるのは月々にかかるコストです。

高すぎると続けることが難しくなりますし、かといって安い青汁は中国産であったり、成分が不十分であることが多いです。

青汁の一杯あたりの目安は、100円〜200円くらいを見ておけば、コストパフォーマンスがいい国産で安全な青汁を飲むことができます。

国産の青汁の中から代表的な青汁の1日あたりの価格表でまとめました。

1杯あたりの費用はどれくらいか参考にしてください。

商品名1杯あたりの価格
サントリー 極の青汁129.6円
マイケア ふるさと青汁123.1円
世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁123.4円
ファンケル 1日分のケール青汁158円
キューサイ ケール青汁216円
森永 おいしい青汁202.5円
山本漢方 大麦若葉青汁100.8円
ヤクルト 私の青汁35.7円
大正製薬 大麦若葉青汁 (難消化性デキストリン)136.8円
伊藤園 毎日1杯の青汁139円
小林製薬 キトサン明日葉青汁93.3円
日本薬健 金の青汁38円

1杯あたりの価格を比較したところ、メーカーや商品によって1杯当たりの価格はバラバラでした。

後ほど詳しくご紹介しますが、定期購入などでよりお得に購入できる場合もありますので、価格だけでなく成分や味なども合わせて確認していきましょう。

粗悪な青汁は選ばない

青汁にはさまざまな価格帯、原産地のものがあり、なかには有効成分配合量が少ないなどの粗悪品もありますので、注意して選びましょう。

できる限り中国産は避け内容成分が明記された国産品を選択しましょう。

また「でんぷん」や「デキストリン」、「還元麦芽糖(マルチトール)」などの添加物を含む青汁もおすすめできません

でんぷんは安価なため青汁に入れ込むことで価格を下げて販売することができますが、でんぷんは糖質です。過剰に摂取すれば、健康やダイエットどころか肥満になりかねません。

デキストリンも、でんぷんから作られる糖質の一種です。

青汁に含まれる成分に「難消化性デキストリン」がありこちらは食物繊維と類似した働きをしますが、デキストリンは全くの別物です

還元麦芽糖(マルチトール)は人工甘味料の一種で、青汁を飲みやすくするために用いられますが、こちらも不要な添加物です。

健康のためにせっかく飲む青汁でも、添加物だらけでは無意味になってしまいますので、青汁を選ぶ際は余計な成分が含まれていないか、成分表示をきちんと確認しましょう。

GMPは信頼できる証

青汁の中には「GMP認定工場」で作られているものがあります。

GMPとは「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」のことで、GMP認定工場は一定以上の品質で作られていることが認められた工場のことを指します。

  • 人による間違いを最小限にする。
  • 医薬品が汚染されたり、品質が低下するのを防ぐ
  • 高い品質を保つ仕組みをつくる

という要件をクリアしているため、GMP認定工場で作られた青汁に粗悪なものはなく、安全で安心して飲める基準として見ることができます。

トクホや栄養機能食品から選ぶ

トクホは「特定保健用食品」の略称で、身体の生理学的機能に影響を与える保健有効成分を含み、その摂取により特定の保健の目的が期待できる旨の表示をする食品のことです。

消費者庁による安全性や有効性の審査に通った食品のみに表示されますので、安全性や有効性が認められている証拠になり、安心して摂取できます。

栄養機能食品」は、特定の栄養成分の補給のために利用される食品のことで、栄養成分の機能を表示するものです。

こちらも、消費者庁によって1日当たりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が定められた上・下限値の範囲内にあることが確認される必要があるほか、栄養成分の機能だけでなく注意喚起表示なども表示する義務があります。

青汁にも国が安全性や有効性を認めている製品がありますので、参考にしてみてください。

機能性表示食品は消費者庁に届出されている商品

特定保健用食品・栄養機能食品の他にも「機能性表示食品」というものがあります。

機能性表示食品は、食品の安全性と機能性に関する根拠を提出することで、機能性の表示をすることが可能です。

機能性表示食品制度とは、国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出れば、機能性を表示することができる制度です。

引用 : 機能性表示食品について – 消費者庁

青汁にも機能性表示食品はいくつかあり、

  • 脂肪の吸収を抑え排出を増やす
  • 糖の吸収をおだやかにする
  • お腹の調子を整える

などの機能性が表示されているものがあります。

これらは科学的根拠を消費者庁に届出されているものなので、より安心して飲むことができます。

【2021年最新版】青汁のおすすめ人気ランキング22選!市販でも買える国産青汁を厳選

青汁を飲んでいる人を対象に、現在飲んでいる青汁に関するアンケート調査を行いました。

アンケート結果をもとに人気の青汁をランキング形式で紹介します。

通販で届くものだけではなく、市販されていてドラッグストアで買えるものも含まれているので、ぜひ青汁選びの参考にしてください。

<調査概要>   
調査運営 : くらしLABO編集部   
調査方法 : WEBアンケート   
調査媒体 : ランサーズ   
調査目的 : 青汁に関するアンケート調査  
調査実施期間 : 2021年10月10日〜2021年10月17日   
調査対象者 : 青汁を日頃から飲んでいる方  
有効回答数: 550名 
順位商品名回答数
1位新日本製薬 Wの健康青汁55票
2位大正製薬 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)50票
3位サントリー 極の青汁45票
4位ファンケル 1日分のケール青汁42票
5位アサヒ緑健 緑効青汁41票
6位世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁35票
7位えがおの青汁 乳酸菌31
8位キューサイ ザ・ケール マイルド風味29
9位森永 おいしい青汁26
10位サンスター 健康道場 おいしい青汁25
11位山本漢方製薬 大麦若葉粉末20
12位ヤクルト 朝のフルーツ青汁17
13位ヤクルト 私の青汁16
14位ヤクルト 国産ケール青汁15
15位マイケア ふるさと青汁13
16位大正製薬 大麦若葉青汁(キトサン)12
17位大正製薬 からだ環境青汁12
18位伊藤園 濃い健康青汁10
19位伊藤園 ごくごく飲める毎日1杯の青汁9
20位ヤクルト 青汁のめぐり7
21位小林製薬 キトサン明日葉青汁5
22位日本薬健 金の青汁4
※アンケート調査結果のうち上位20位までを掲載

新日本製薬 Wの健康青汁

Wの健康青汁商品画像
出典 : 新日本製薬
Wの健康青汁の特徴
  • 機能性表示食品
  • エラグ酸・GABAを配合
  • 定期購入で初回50%OFF

Wの健康青汁は、青汁の中でも数少ない、消費者庁に効果効能の研究結果を届出して受理された「機能性表示食品」の青汁です。

エラグ酸・GABAの2つの機能性関与成分が配合されていて、エラグ酸は、

  • 肥満気味の方の体脂肪、内臓脂肪、血中中性脂肪、体重、ウエスト周囲径の減少をサポートする
  • 高めのBMI値の改善を助ける機能

GABAは、

  • 血圧が高めの方の血圧を下げる機能

などが報告されています。

そのため、高めの血圧が気になる方、最近肥満気味だと感じる方におすすめできる青汁です。

商品名新日本製薬 Wの健康青汁
価格4,320円(税込)  
成分・原材料大麦若葉、デキストリン、アフリカマンゴノキエキス(エラグ酸含有)、GABA、桑の葉粉末、明日葉粉末、玉葱エキスパウダー(デキストリン、玉葱エキス)、ビフィズス菌(殺菌)、乳酸菌(殺菌)、香料、二酸化ケイ素、安定剤(グァーガム)
定期購入初回50%OFF
※定期購入は3回以上の継続購入となり、中止の連絡をするまで自動的に届くようになっています。
・初回2,160円、2回目3,888円、3回目以降3,888円(3回合計金額9,936円)

大正製薬 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)

大正製薬 大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)商品画像
出典 : 大正製薬
大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)の特徴
  • トクホ(特定保健用食品)の青汁
  • 特許製法の「超微粉砕製法」で大麦若葉の栄養を残した上で口当たりのよさも追及
  • 血糖値の急上昇を抑制
  • 質のよい大麦若葉を原料に使用

トクホの青汁で、「難消化性デキストリン」が食後の糖の吸収をゆるやかにしてくれることが認められていますので、血糖値が気になる人におすすめです。

また、原料には自然豊かな熊本県阿蘇地方で育てられた有機JAS認定の大麦若葉を使用しており、農薬や化学肥料は一切使用されていません。

すっきりとして苦みが少なく、抹茶風味でおいしく飲める味に仕上がっています。

商品名大麦若葉青汁(難消化性デキストリン)
価格4,104円(税込) 6.8g×30包
成分・原材料水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物 (食物繊維、ビタミンB2、葉酸、鉄分)
定期購入「定期お届けコース」 3,694円(税込) ・年間8,885円お得 ・送料毎回無料

サントリー 極の青汁

サントリー極の青汁商品画像
出典 : suntory
極の青汁の特徴
  • 栄養と味両方にこだわった青汁
  • 純国産の大麦若葉を使用
  • 「ケルセチンプラス」の力で野菜のポリフェノールを効率よく吸収

極の青汁は宇治抹茶を贅沢に使用し、飲みやすい味に仕上がっている青汁で、飲料メーカーとして長年の経験を積んできたサントリーだからこその味になっています。

「ケルセチンプラス」はサントリーが開発した新しい形のポリフェノールで、より効果的に吸収されやすく工夫されています。

商品名サントリー 極の青汁
価格3,888円(税込) 30包入
成分・原材料大麦若葉末(国内製造)、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶/酵素処理ルチン
定期購入「定期お届けコース」 毎月1箱(30包):3,499円 送料無料 3カ月毎に3箱(90包):8,748円 送料無料

ファンケル 1日分のケール青汁

1日分のケール青汁
出典 : ファンケル
1日分のケール青汁の特徴
  • 国産ケール100%使用
  • 1本に1食分の緑黄色野菜
  • 青汁シリーズ4億杯突破

ファンケルは青汁シリーズで4億杯を突破している人気の青汁です。

その中でも1日分のケール青汁は、一本で1食分の緑黄色野菜量(40g分)を摂取することができ、

  • 愛飲者30万人突破
  • ざらつきのなさの評価97%
  • 溶けやすさの評価92%

ととても高評価を得ている青汁です。

飲みやすさにもこだわって作られていて、苦味を抑える独自製法で後味もすっきりとして青汁特有の苦味が苦手な方でも飲みやすいのも嬉しいポイントです。

商品名1日分のケール青汁
価格4,752円(税込)  
成分・原材料ケール(国内産)、でんぷん分解物、難消化性デキストリン(食物繊維
定期購入なし

アサヒ緑健 緑効青汁

緑効青汁商品画像
出典 : アサヒ緑健
緑効青汁の特徴
  • 安心・安全にこだわった有機JAS認証の大麦若葉を使用
  • 特許「ゴールデンバランス」で大麦若葉の魅力を身体に取り入れやすく
  • 2種類の乳酸菌とダブルオリゴ糖を配合し、善玉菌を維持
  • お試しサンプルあり

熊本、阿蘇産の有機大麦若葉を原料とし、不足しがちな食物繊維やカルシウム、ビタミン、鉄など毎日摂取したい栄養素がたっぷりと含まれます。

農林水産省に認定された「JAS」マークを保有しており、安全性もバッチリです。

また、大麦若葉の魅力をできるだけ身体の中に取り入れやすいように導き出された「ゴールデンバランス」により、栄養分を効率的に体内に吸収できます。

無料のお試しサンプルもあり、味を確認してから購入を検討することができるのも魅力的です。

商品名アサヒ緑健 緑効青汁
価格4,104円(税込)  3g×30包入
成分・原材料明日葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、明日葉根末、桑の葉末大麦若葉末 (食物繊維、タンパク質、カロテン、ビタミン、ナイアシン、カリウム)
定期購入「とくとく便」 3,693円(税込)  ※通常価格の10%オフ 2個以上で送料無料 年間で4,932円お得

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁

乳酸菌が入った青汁商品画像
出典 : 世田谷自然食品
乳酸菌が入った青汁の特徴
  • 野菜の栄養と100億個の乳酸菌が手軽に補える
  • おいしくて栄養豊富な優秀野菜「大麦若葉」を使用
  • お米由来の乳酸菌を使用
  • 飲みやすい抹茶味仕立て

大麦若葉を主原料とした青汁に、お米由来の乳酸菌を100億個ほど配合しています。

抹茶風味の優しい口当たりで、青汁に苦手意識がある人でも続けられるように工夫されています。

出荷累計4億杯を突破するほどの人気さで、「手軽に、おいしく飲める」という口コミが多数寄せられています。

溶けやすい性質のため、牛乳やスムージー、スープなどアレンジを楽しみながら摂取するのもおすすめです。

商品名世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁
価格3,704円(税込) 3.2g×30包入
成分・原材料大麦若葉、感原爆が糖水飴、難消化性デキストリン、抹茶、クマザサ粉末、植物性乳酸菌 (食物繊維、 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、αーカロテン、βカロテン、鉄分、カリウム、マグネシウム、カルシウム、乳酸菌)
定期購入「おトク定期便」 3箱:3,190円(税込)  2箱:3,402円(税込) 1箱:3,553円(税込) ※3ヵ月毎に3箱お届けの場合、年間で5,640円お得 ・2箱以上で送料無料 ・92%の利用者がおトク定期便を利用中

えがおの青汁乳酸菌

えがおの青汁乳酸菌商品画像
出典 : えがお公式通販サイト
えがおの青汁乳酸菌の特徴
  • 135億個の乳酸菌をプラスした青汁
  • 抹茶・緑茶風味でおいしい
  • 食物繊維を含む4種類の根菜を使用

135億個の乳酸菌をだけでなく、食物繊維を豊富に含む4種類の根菜(にんじん、ごぼう、さつまいも、きくいも)も配合されており、腸活に一押しの青汁です。

不足しがちな野菜を十分に補えます。

青汁特有の「苦み」を感じさせないよう研究員たちが何度も試飲を重ねて生まれた、緑茶や抹茶風味の自然の甘さを感じる味も人気の理由です。

商品名えがおの青汁乳酸菌
価格初回価格1,717円(税込) 3.65g×15袋入
成分・原材料大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、抹茶粉末、植物性乳酸菌、アガベ・イヌリン、有機緑茶粉末、ほうれん草粉末、クロレラ粉末、発酵黒生姜粉末、レッドクローバーエキス粉末、かぼちゃ粉末、にんじん粉末、ごぼう粉末、さつまいも粉末、有機菊芋粉末 (ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、葉酸)
定期購入「定期お届けコース」 3箱(3ヵ月毎):4,323円(税込) ※定価16%オフ 年間3,312円お得 2箱(2ヵ月毎):2,952円(税込)※定価14%オフ 年間2,892円お得 1箱(1ヵ月毎):1,545円(税込)※定価10%オフ 年間2,064円お得 ・2箱以上で送料無料 ・3,000円以上で送料無料

キューサイ ザ・ケール マイルド風味

ザ・ケール マイルド風味商品画像
出典 : キューサイ
キューサイ ザ・ケール マイルド風味の特徴
  • 国産ケール100%青汁
  • 農薬・化学肥料不使用
  • 飲みやすさ満足度約92.3%
  • ケール青汁売上13年連続No.1

農薬・化学肥料不使用のこだわり国産ケール100%の青汁。

ケールを原料とした青汁は青臭さや苦みを感じる人が多いとされていますが、飲みやすさにもこだわって作られており、利用者のうち92.3%もの人が「味に満足した」と答えています。

スーパーフードとも呼ばれるケールの栄養を、おいしく手軽に摂取できる青汁に仕上がっています。

商品名キューサイ ザ・ケール マイルド風味
価格初回限定半額 送料無料1,620円(税込)  通常価格3,240円(税込) 3.5g×30包入
成分・原材料ケール (ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、マグネシウム、鉄、マンガン、亜鉛、カルシウム、カリウム、食物繊維、ポリフェノール、カロテノイド、クエン酸、クロロフィル)
定期購入「3箱セット」 初回:7,452円(税込) 通常:9,720円(税込) 「6箱セット」 初回:13,770円(税込) 通常:19,440円

森永 おいしい青汁

おいしい青汁商品画像
出典 : 森永
森永 おいしい青汁の特徴
  • 10種類の国産野菜と果実使用
  • 砂糖・食塩・香料・保存料不使用
  • 1本あたり48kcalの低カロリー
  • 機能性表示食品

3つの機能性「脂肪の吸収を抑え、排出を増やす」「糖の吸収をおだやかにする」「お腹の調子を整える」の観点で機能性表示食品として認められています。

長野県の広大な大地で育った新鮮なケールを原料とし、その他にも10種類もの国産の野菜や果物(明日葉、ブロッコリー、クレソン、パセリ、キャベツ、青じそ、セロリ、人参、りんご)を使用して作っています。

砂糖や甘味料を一切使用しておらず、りんごの自然な甘みを楽しめます。

商品名森永 おいしい青汁
価格4,860円(税込)+送料660円(125ml紙パック24本入)
成分・原材料野菜汁(にんじん(国産)、ケール、青シソ、ブロッコリー、あしたば、セロリ、クレソン、キャベツ、パセリ)、りんご果汁、難消化性デキストリン(食物繊維)/乳酸、クチナシ青色素、ベニバナ黄色素
定期購入「定期お届け便」 4,374円(税込)+送料330円 「30本定期便」 5,466円(税込) 「おまとめ定期便」 1回に2ケース以上の購入で毎回200円オフ ※いずれのコースも1回の購入金額が7,560円以上で送料無料

サンスター 健康道場 おいしい青汁

健康道場 おいしい青汁商品画像
出典 : SUNSTAR
森永 おいしい青汁の特徴
  • おいしく飲めるすりおろし野菜(野菜ピューレ25%入)
  • りんごとレモンの風味でゴクゴク飲めるように工夫
  • 1缶で日の野菜不足を補える
  • 砂糖、食塩、香料、保存料 無添加

栄養価を損なわず、かつ、ゴクゴクと飲めるような美味しさを追求したサンスターの技術「フレッシュピューレ製法」を用いてとろりとした飲み答えを実現しています。

「おいしい青汁」とあるように、味へのこだわりが感じられます。

ブロッコリーやケールなど、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む青野菜を贅沢に配合しており、栄養もたっぷりです。

缶とペットボトルの両方があるため、ライフスタイルに合わせて選択できます。

商品名サンスター 健康道場おいしい青汁
価格スチール缶:6,480円(税込) 160g×30本入 ペットボトル:972円(税込) 900g×1本
成分・原材料野菜(ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜)、りんご、レモン (食物繊維、カリウム、ビタミンK、ショ糖、カルシウム、マグネシウム、鉄、βカロテン、葉酸、ビタミンC)
定期購入「定期お届け便」 30缶:5,508円 ※7,000以上購入で送料無料

山本漢方製薬 大麦若葉粉末

大麦若葉青汁商品画像
出典 : 山本漢方製薬
森永 おいしい青汁の特徴
  • 純度100%、抹茶風味のおいしい青汁
  • 8年連続青汁売り上げ1位を獲得
  • 無農薬で栽培した大麦若葉を原料に使用

「身体によく、おいしい青汁」を実現するために、社長自ら世界各国に足を運び栽培地選びを行っているそう。

強い太陽光と豊かな大地の栄養を吸収し、通常の約4倍の90日間かけてゆっくり育てられた大麦若葉を使用しています。

化学薬品や添加物などは一切使用せず、厳格な品質管理基準のもとで一貫製造されているため、安全性に優れています。

商品名山本漢方製薬 乳酸菌大麦若葉青汁
価格4g×7包:864円(税込) 4g×15包:1,620円(税込) 4g×30包(お徳用):3,024円(税込)
成分・原材料大麦若葉 (食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、ビオチン、クロム、アラニン、アルギニン、グルタミン酸、ポリフェノールなど)
定期購入なし

ヤクルト 朝のフルーツ青汁

朝のフルーツ青汁商品画像
出典 : ヤクルト
朝のフルーツ青汁の特徴
  • こだわりの大麦若葉を使用
  • 保存料や着色料一切不使用
  • フルーティーな味わいでおいしく飲める

「フルーツ青汁」という名前なだけあって、フルーティーで飲みやすい味わいに仕上げられています。

りんごやバナナの風味が強く、フルーツジュースのようにさらっと飲むことができ、子どもや女性に大人気です。

ヨーグルトに混ぜてもおいしく食べられます。

商品名ヤクルト 朝のフルーツ青汁
価格1,100円(税込) 7g×15袋入
成分・原材料大麦若葉エキス末、りんご粉末果汁、バナナパウダー、果糖、ぶどう糖、マンゴーパウダー、デキストリン、シトラスファイバー、アセロラパウダー
定期購入「定期おトク便」 定価の10%~15%オフ

ヤクルト 私の青汁

私の青汁商品画像
出典 : ヤクルト
私の青汁の特徴
  • 国内の契約農家で栽培した大麦若葉を原料に使用
  • 化学肥料不使用
  • のどごしが良くすっきりと飲みやすい

私の青汁もヤクルトから出ている青汁です。

大分県の契約農家で農薬や化学肥料を使わずに育てられた、良質な大麦若葉を原料としています。

食物繊維や、βカロテン、鉄分など野菜不足の人の栄養補給にピッタリです。

商品名私の青汁
価格1,073円(税込) 4g×30包
成分・原材料大麦若葉エキス、水溶性食物繊維、デキストリン (食物繊維、ビタミンK、葉酸、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、βカロテン、ポリフェノール、ルテイン)
定期購入「定期おトク便」 定価の10%~15%オフ

ヤクルト 国産ケール青汁

ヤクルトの国産ケール青汁商品画像
出典 : ヤクルト
国産ケール青汁の特徴
  • 新鮮なケールを収穫したその日のうちに丁寧に搾って作られた青汁
  • ヤクルト独自の「フレッシュマイルド製法」
  • 香料、着色料など不使用

ケールのフレッシュ感を保ちながら、独自の「フレッシュマイルド製法」で飲みやすくマイルドな味に仕上げた青汁。

スーパーフードとされているケールの栄養がギュッと凝縮された1杯で、日々の健康サポートにピッタリです。

素材の味を大切にするために、香料や着色料などは一切使用されていません。

商品名国産ケール青汁
価格1,527円(税込) 4g×30袋
成分・原材料ケール、デキストリン、水溶性食物繊維 (ビタミンK、鉄、カリウム、βカロテン、ルテイン、食物繊維、ビタミンC、葉酸、カルシウム、マグネシウム、ポリフェノール)
定期購入「定期おトク便」 定価の10%~15%オフ

マイケア ふるさと青汁

ふるさと青汁商品画像
出典 : マイケア
ふるさと青汁の特徴
  • 国内産の明日菜+桑の葉+大麦若葉を独自の比率でブレンド
  • 抹茶風味で飲みやすい味
  • 八丈島明日菜の根っこまでまるごと使用し、健康成分「LPS」が豊富

青汁の原料としてご紹介した4種類のもののうち、ケール以外の全てがブレンドされている青汁です。

しかも、厳選された農家で栽培された100%国内産の素材のみを使用しています。

特に明日菜は3年もかけて育てられたもので、免疫力アップに大切な「LPS」成分をたっぷり含んでおり、かぜなどの感染予防にも効果的です。

ケール以外の原料はもともと苦みが比較的少ないのですが、抹茶風味に加工されていることでさらに飲みやすい味となっています。

青汁独特のえぐみや青臭さが苦手な人にもおすすめです。

商品名ふるさと青汁
価格4,104円(税込)  3g×30包入
成分・原材料明日葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、明日葉根末、桑の葉末大麦若葉末 (食物繊維、タンパク質、カロテン、ビタミン、ナイアシン、カリウム)
定期購入「とくとく便」 3,693円(税込)  ※通常価格の10%オフ 2個以上で送料無料 年間で4,932円お得

大正製薬 大麦若葉青汁(キトサン)

大正製薬 大麦若葉青汁(キトサン)商品画像
出典 : 大正製薬
大麦若葉青汁(キトサン)の特徴
  • トクホの青汁
  • 悪玉コレステロールを低下させる働きのある「キトサン」を配合
  • 質のよい大麦若葉を原料に使用

大麦若葉青汁(キトサン)は大正製薬から販売されている青汁です。

悪玉コレステロールを下げる働きのあるキトサンという食物繊維を配合しており、トクホに認定されているため、血清コレステロール値が気になる人の食生活の改善に役立ちます。

飲みやすさにもこだわって作られています。

商品名大正製薬大麦若葉青汁(キトサン)
価格4,104円(税込)
成分・原材料大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、カニ由来キトサン、トレハロース、増粘多糖類 (食物繊維、ビタミン、ミネラル)
定期購入「定期お届けコース」 3,694円(税込) ・年間8,885円お得 ・送料毎回無料

大正製薬 からだ環境青汁

大正製薬 からだ環境青汁商品画像
出典 : 大正製薬
からだ環境青汁の特徴
  • ビタミンや食物繊維をたっぷり含んだ3種の青葉を使用
  • 15種類の健康食材を配合
  • 吸収の生命力にあふれた無農薬素材を使用

からだ環境青汁は、大麦若葉・ケール・すいおう若葉の3つを原料とし、ビタミンやミネラル、食物繊維の栄養バランスに優れています。

それに加え、高麗人参やウコン、ドクダミなど15種類の和漢素材も配合されている贅沢な青汁です。

味やにおいにクセのある和漢素材を使用しているにも関わらず、抹茶のようなマイルドな味に仕上がっており、飲みやすさも考えられています。

牛乳やヨーグルト、お湯などいろいろな方法でおいしく摂取できます。

商品名大正製薬 からだ環境青汁
価格5,400円(税込)
成分・原材料大麦若葉末、水溶性食物繊維、オリゴ糖、還元麦芽糖、すいおう若葉末、ケール末、ビール酵母、きな粉、高麗人参末、田七人参末、桑の葉末、ウコン末、米胚芽末、ドクダミ末、甘草末、無臭ニンニク末、グァバ葉抽出物、杜仲葉抽出物、エゾウコギ抽出物、大豆 (食物繊維、βカロテン、カリウム、カルシウム、鉄、銅、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸、ビタミンE)
定期購入4,860円(税込)  ・年間10,440円お得

伊藤園 濃い健康青汁

伊藤園 濃い健康青汁商品画像
出典 : 伊藤園
伊藤園 濃い健康青汁の特徴
  • 5種の国産青汁原料100%使用
  • 抹茶・緑茶の飲みやすい味
  • 持ち運びに便利なスティック包装

濃い健康青汁は、ケール・大麦若葉を原料とする青汁です。

JA全農が厳選した香々地長命草をブレンドし、飲みやすい抹茶・緑茶味に整えてあります。

スティック個包装の粉末タイプでチャックもついており、持ち運びにも便利です。

商品名伊藤園 濃い健康青汁
価格1,320円(税込) 2.8g×15包入
成分・原材料ケール粉末、大麦若葉粉末、デキストリン、抹茶、緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末、でん粉 (食物繊維、カリウム、ビタミンK)
定期購入なし

伊藤園 ごくごく飲める毎日1杯の青汁

伊藤園 ごくごく飲める毎日1杯の青汁商品画像
出典 : 伊藤園
伊藤園 ごくごく飲める毎日1杯の青汁の特徴
  • 国産原料100%大麦若葉使用
  • 粉っぽさを解決
  • 独自のナチュラルグリーン製法
  • カロリー、糖質ゼロ
  • 難消化性デキストリン配合
  • 機能性表示食品

ごくごく飲める毎日1杯の青汁は国産で安心・安全な大麦若葉を使用した青汁です。

青汁を飲む際によく聞かれる「粉っぽい」を、超微粉砕により解決した、なめらかな舌触りの青汁に仕上がっています。

また、色素などを使わずに鮮やかな色を保つ「ナチュラルグリーン製法」により、長期に渡ってきれいな緑色が持続します。

カロリー・糖質ともにオフなのも、嬉しいポイントです。

商品名伊藤園 ごくごく飲める毎日1杯の青汁
価格153円(税込) 1本350g
成分・原材料野菜汁(大麦若葉、ケール)、抹茶、食物繊維、大麦若葉粉末、亜鉛酵母、寒天 (食物繊維、亜鉛、カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、カフェイン)
定期購入なし

ヤクルト 青汁のめぐり

青汁のめぐり商品画像
出典 : ヤクルト
ヤクルト 青汁のめぐりの特徴
  • 食物繊維+ヤクルトのオリゴ糖配合
  • 国内産大麦若葉使用
  • 飲みやすい味

青汁のめぐりは食物繊維+ヤクルトのオリゴ糖を合わせて配合したことで、栄養が体内を「めぐる」ことをサポートする青汁です。

一度に多量に摂取すると、便がゆるくなることがあるため1日1回1包を目安に摂取しましょう。

後味はすっきりとして、飲みやすい味に仕上げられています。

商品名ヤクルト 青汁のめぐり
価格2,200円(税込) 7.5g×30袋入
成分・原材料大麦若葉エキス末、ガラクトオリゴ糖粉末、水溶性食物繊維、デキストリン
定期購入 全国のドラッグストア・薬局・薬店・スーパーでの販売のみ

小林製薬 キトサン明日葉青汁

小林製薬 キトサン明日葉青汁商品画像
出典 : 小林製薬
小林製薬 キトサン明日葉青汁の特徴
  • トクホの青汁
  • コレステロール値を低下させるキトサンを配合
  • 有機明日葉使用

キトサン明日葉青汁はコレステロール値を低下させる働きのある「キトサン」を配合した青汁で、トクホ認定されています。

有機の明日葉を原料にし、健康に必要な栄養素が凝縮されています。

一度に多量摂取した場合に、お腹が張ることがあるため注意しましょう。

商品名小林製薬 キトサン明日葉青汁
価格3,080円(税込) 3g×30包
成分・原材料有機明日葉末、還元麦芽糖、カニ由来キトサン、ショ糖、抹茶、加工黒糖、スピルソナ末、増粘多糖類 (食物繊維、ナトリウム、キトサン)
定期購入なし

日本薬健 金の青汁

金の青汁商品画像
出典 : 日本薬健
小林製薬 キトサン明日葉青汁の特徴
  • 抹茶風味の飲みやすさと安心・安全さにこだわって作られた青汁
  • 純国産、無農薬栽培の大麦若葉100%使用
  • 子どもから大人まで飲みやすい味
  • 食物繊維・タンパク質たっぷり

金の青汁は純国産に加えて、おいしさや価格の安さにもこだわって作られた青汁です。

原料の栽培から加工まで全ての工程を国内で行っています。添加物も一切使用しておらず、成長盛りの子どもにも安心して飲ませられます。

商品名日本薬健 金の青汁
価格664円(税込) 3g×22包
成分・原材料大麦若葉粉末 (食物繊維、ビタミン、ミネラル)
定期購入なし

青汁に関するQ&A

青汁を飲んではいけない人はいる?

肝機能障害のある人や、ワーファリン内服中の人は摂取を控えましょう。

青汁には脂溶性ビタミンや鉄分、葉酸が豊富に含まれています。

肝機能障害がある人は、肝臓に鉄分が付きやすくなっており、青汁を飲むことで鉄が過剰に肝臓に付着することで病状が悪化する可能性がありますので、摂取しないようにしましょう。

また、ワーファリンという血液をサラサラにする薬を内服中の人も青汁の摂取を控えましょう。

ワーファリンは、ビタミンKの働きを抑えることで血液をサラサラにしていますので、ビタミンKを豊富に含む青汁を摂取してしまうと薬の作用が十分に表れなくなってしまいます。

他にも、基礎疾患がある場合には、主治医に一度青汁を飲んでも大丈夫かどうかを確認しておくと安心です。

基礎疾患がない場合でも、「健康にいいから青汁をたくさん飲もう」と一度に多量に摂取したり、1日に規定量以上を摂取したりするのは避けましょう。

青汁には食物繊維が豊富に含まれるため、青汁を飲みすぎるとお腹の調子が崩れる可能性があるというデメリットを知っておきましょう。

飲みやすい青汁はどれ?

いくつかの青汁を試してみて、自分が好きな味を探しましょう。同じ青汁でも、原料や加工の方法により味はさまざまです。

飲みやすさの感じ方にも個人差がありますので、初めて青汁を飲む人は何種類かの青汁を試して自分の好きな味を見つけることをおすすめします。

また、青汁には粉末タイプやストレートタイプのもの、冷凍タイプなどさまざまな形態のものがあります。

水や牛乳に混ぜて摂取するのが一般的ですが、ヨーグルトに混ぜたりスープなどに入れて調理して摂取したりすることでよりおいしく味わうこともできます。

液体で飲むのが困難な場合は、青汁のホームページなどに調理法が記載されていますので、料理に使用してみるとよいでしょう。

青汁で痩せるって本当?

青汁には健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれますが、青汁だけ飲んでいれば痩せることはありません。

青汁を飲むことで腸内環境が整えたり、血糖値の上昇を抑制するなどはできますが、直接的に体重が減るということではありません。

あくまでも、青汁は健康の「サポート役」です。

ダイエットにはバランスの良い食事、適度な運動、睡眠などが必要不可欠です。青汁は「補助的に使用する」という意識を持ちましょう。

青汁はいつ飲むと効果的ですか?

青汁を飲むタイミングは、薬とは違うのでいつ飲まないといけないという決まりはありませんが、ダイエットサポートとして飲む場合は、食事の前がベストです。

食事の前に飲むことで空腹を抑えることができ、置き換えダイエットのサポートとして飲むことができます。

健康のために飲みたい場合は、栄養の吸収力が高まっている朝起きた後や、寝る前に飲むのも良いでしょう。

青汁はホットで飲むことはできますか?

青汁は水や牛乳などの冷たい飲み物で割って飲むことをおすすめします。

粉末タイプの場合は「加熱処理」「非加熱処理」の2タイプありますが、ほとんどの青汁は非加熱処理で作られています。

青汁に多く含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素は熱に弱く、熱湯などで割ってしまうと栄養が分解されて体に吸収されづらくなります。

もし冷たい飲み物が苦手だという場合は、ぬるま湯などの常温の飲み物で割って飲むようにしましょう。

そうすることで栄養が分解されることを防ぐことができます。

まとめ

今回は、青汁の効果や選び方のポイント、おすすめの商品20選をご紹介しました。

日本人の食事に不足しがちな栄養素を手軽に補える方法として、毎日の青汁摂取はおすすめです。

日々の健康のサポートとして、自分にピッタリの青汁をぜひ見つけてください。

目次
閉じる