血管年齢・男性ホルモン測定について

血管年齢・男性ホルモン測定のご案内

ED患者の気になる血管年齢・ストレス度、男性ホルモンなどを調べられます。

EDの原因として、血管性・神経性・内分泌性などの器質性のものと、心因性のものが挙げられます。いずれの場合でも、バイアグラなどのPDE5阻害剤が有効なことが多いですが、過度なストレスによる自律神経のバランスの乱れがEDの原因になることもありますし、血管年齢が高いと、ED治療薬の効果が不十分だったり、男性ホルモンが少ないと、ホルモンの補充も行なう必要があります。

(※男性ホルモンの低下は、男性更年期障害を引き起こします。これはEDとも密接な関わりがあります。当院では男性更年期障害の検査や治療も行っております。詳しくはこちらをクリック

(※睡眠時無呼吸症候群もEDと関わりがあると言われています。こちらについても、当院で検査から治療まで完結できます。詳しくはこちらをクリック

当院では、ED診療の一環として、血管年齢とストレス度の評価、男性ホルモンの測定が可能です。気になる方は、一度調べてみましょう。

 

血管年齢・ストレスの測定

fingerclip-sensor

※イメージ

3,500円(税込)

※EDの診療以外(男性更年期障害など)でご来院された場合は初診料として4,500円、再診の場合は1,500円が別途かかります。

指先にセンサーを装着して、簡単に血管年齢・ストレス度を簡単に調べることができます。所要時間は2~3分程度です。

測定画面は以下のようになります。

Body-checker

 

血管年齢;加速度脈波計(APG)で血管の老化度が測定できます。

加速度脈波計=APGとは

加速度脈波を測定し、末梢細動脈の血流動態を分析して、心拍出強度・血管弾性度・残血量等血流状態を確認し、血管の老化度を測定します。

血管年齢の老化による波形分類予想図

hakei-yosouzu

hakei-nendai

設定項目

●血管の老化程度

kekkan-rouka

悪い: 血管年齢の老化が進行しており、血液循環がよくない状態

良い: 血管状態及び血液循環が非常に良い状態

●血管年齢

・血管の老化の程度を、年齢として表現

・血管状態及び血液循環が良いほど血管年齢は低く表現

 

ストレスチェック;心拍間変異(HRV)で自律神経のバランスが確認できます。

心拍間変異分析=HRVとは

心拍間の微細な変化を利用して、自律神経の活性度および交感神経・副交感神経の均衡状態を分析。

ストレスへの対処能力や自律神経異常による状態が確認できます。

stress-joutai

設定項目

1.身体的ストレス 疲労度

stress-hiroudo

低い: 身体的安定状態

高い: 過度なストレスで身体的疲労状態。疲労、不眠、頭痛などの症状も出やすい。

2.精神的ストレス

stress-mental

低い: 精神的安定状態

高い: 精神的ストレスが過度な状態。集中力や意欲の低下など、うつ症状が出やすい。

3.ストレス対処能力

ストレス及び環境の変化に反応する対応能力を表現

stress-taisho

低い: ストレス対処能力が低下された状態

高い: ストレス対応能力及び身体調整機能が良い状態

4.交感神経と副交感神経の均衡度

koukan-balance

5.ストレス点数(0~100点)

ストレスに対する健康状態を総合的に点数で表現

点数が高いほど過度なストレス状態を表現

 

血液検査によるEDの原因検索

danseihormone

※イメージ

※EDの診療以外(男性更年期障害など)でご来院された場合は初診料として4,500円、再診の場合は1,500円が別途かかります。

血液検査にて、EDの原因について詳しく調べることができます。

(結果が出るまでに、10~14日かかります)

※下記の血液検査については、検査結果に異常が無い場合、結果報告時に検査判断料が別途1,500円かかります。(もしも検査で異常が発見され、その治療に移行する場合は、検査判断料は発生しません。)

 

1.男性ホルモン(遊離テストステロン)

4,500円(税込)

血液検査にて、男性ホルモン(遊離テストステロン)を調べることができます。男性ホルモンは男性の活力の源で、食欲・性欲・その他の意欲全般にも関わります。男性ホルモンは加齢やストレスで低下し、EDに繋がることもあります。

(※男性ホルモンの低下は、男性更年期障害を引き起こします。これはEDとも密接な関わりがあります。当院では男性更年期障害の検査や治療も行っております。詳しくはこちらをクリック)

 

2.ストレスホルモン

[プロラクチン,甲状腺ホルモン, DHEA-s,コルチゾール]

8,500円(税込)

乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)が高いと、EDや精子造成能力の低下の原因になります。薬剤性が多いのですが、ストレスや甲状腺機能低下症でも上がります。ごく稀に下垂体腫瘍が原因のこともあり、その場合はMRIなどの精査が必要です。
(自律神経機能の検査で、副交感神経にバランスが傾いている場合、高プロラクチン血症や甲状腺機能低下症の可能性もあります)
コルチゾールは、ストレスを受けると上昇するストレスホルモンです。DHEA-sは、抗ストレスホルモンであり、テストステロンの原料ともなります。

 

3.亜鉛(+カルニチン)

3,500円(税込)

亜鉛は、性機能に関わる重要なミネラルで、テストステロンの合成にも関係します。

※上記1、2、3の検査がすべてセットになった下記の検査で、費用が3,500円引きになります。

 

EDスクリーニング血液検査

13,000円(税込)

全身のホルモンバランスの乱れは、勃起力の低下や性欲の低下などの原因なります。 上記の、遊離テストステロンストレスホルモン甲状腺ホルモン亜鉛+カルニチンをすべて調べます。

 

ビタミンDの血液検査

14,000円(税込)

ビタミンDは、ステロイドのホルモンであり、健康な精巣細胞の核の発達や、精液の質や精子数に必須のものです。また、テストステロン値を上昇させ、その結果性欲も増進に関わります。

 

男性更年期障害の検査

18,000円(税込)

男性更年期障害は、加齢とともにテストステロン値が低下し、EDや倦怠感・不眠・うつなどの症状を引き起こします。男性更年期障害で、ED以外にも様々な症状がある場合は、ホルモン補充療法が強く推奨されますが、ホルモン補充の適応を判断するための総合的な血液検査となります。詳しくはこちらをクリック

 

生活習慣病セット

[血糖・HbA1c,コレステロール,中性脂肪,尿酸,腎機能]

4,500円(税込)

生活習慣病は、動脈硬化を引き起こし、血管性EDの原因となります。 加療していても、コントロール不良だとED治療薬の効果も減弱します。陰茎海綿体は最も動脈硬化の影響を受けやすく、他の検査で現在の血管年齢が若く評価されても、これらの生活習慣病関係の数値が悪いと、既に血管性EDを来たしている可能性があります。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査

保険診療 4,000円程度(3割負担時)

自由診療 13,500円(税込)

睡眠時無呼吸症候群もEDと関わりがあると言われています。当院で検査から治療まで可能です。詳しくはこちらをクリック

血管年齢・男性ホルモン測定について

精液検査・ブライダルチェックについて

自律神経外来について

男性更年期障害の診療について

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群の外来について

大阪で評判のEDクリニックNavi

「日本元気レポート」の取材を受けました。

生活情報サイト 日本元気レポート

明日の医療を支える頼れるドクター

よくあるご質問
EDは一生治らないのですか?
20代でもEDはいますか?
EDの診療はどのようにしておこなわれますか?
受付で何といえばいいのですか?
(ED治療には)どれぐらいお金がかかりますか?
すべて見る