前立腺検診のご案内

前立腺検診のご案内

高齢化社会が進むにつれ、加齢に伴う前立腺に関わる病気の増加が今後予想されています。
以下では当院でできる前立腺検診の検査方法についてお話します。

前立腺の健診により
・前立腺ガンの早期発見
・前立腺肥大症の診断
が可能になります。お気軽にご相談ください。

 

 

検診の内容について

1:直腸指診

unnamed

直腸指診(直腸診、直腸内触診ともいいます)とは、医師が肛門に指を挿入して調べる検査です。
原始的に聞こえるかもしれませんが、比較的簡単に行うことができるうえ、がんなどの診断にも役立つ有用性の高いものです。
前立腺ガンや前立腺肥大の診断に有効です。病気の兆候を最初にとらえるためのスクリーニング(ふるい分け)検査として行われることも多く、この検査で異常認められた場合さらに詳しく検査が行われます。

直腸診はどのような検査か?

診察台の上であお向き寝てひざを抱えるような姿勢になります。。口を軽く開き、肩の力を抜いて、排便するように軽くいきむと、肛門の筋肉が緩んで指が入りやすくなります。苦痛も無く、1~2分で済みます。

検査結果の判定

指で探って、前立腺が大きくなっていたり、硬くなっていたり、凹凸があったら、前立腺ガンや前立腺肥大の疑いがあります。

 

2:PSA検査

PSAとは前立腺特異抗原前立腺( Prostatic Specific Antigen)を指します。糖タンパクの一種で、前立腺にがんができると、このPSAの分泌量が正常の2倍以上に増えるために、早期がんの発見のスクリーニング検査として行なわれるほか、進行がんの診断や治療経過を見るうえでも大変重要な検査となっています。

前立腺特異抗原(PSA)はどのように測定するのか

血液を採取して測定します。約1mlの血液で調べることができるので、一般の血液検査と同時に行なうことができます。

 

3:尿検査

尿は通常、手軽に苦痛なく採取することができますので、負担のかからない検査です。

 

 

検診の対象

前立腺検診に関しては、50歳以上の男性が対象者になります。

 

 

検診の価格

7,200円 (税込)

血管年齢・男性ホルモン測定について

男性更年期障害の診療について

精液検査・ブライダルチェックについて

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群の外来について

大阪で評判のEDクリニックNavi

「日本元気レポート」の取材を受けました。

生活情報サイト 日本元気レポート

明日の医療を支える頼れるドクター

よくあるご質問
EDは一生治らないのですか?
20代でもEDはいますか?
EDの診療はどのようにしておこなわれますか?
受付で何といえばいいのですか?
(ED治療には)どれぐらいお金がかかりますか?
すべて見る