EDの危険因子(リスクファクター)

EDの危険因子(リスクファクター)について

一般にEDは、加齢やストレスなどの心理的要因で生じる仕方がないものとの考えられます。
確かにそういう面もありますが、心臓病など様々な疾患が引き金になっていることもあります。

以下ではそういった危険因子(リスクファクター)について順次ご紹介させて頂きます。

EDの危険因子(リスクファクター)

気になる項目をクリックいただくと、記事の詳細を見る事ができます。

1:加齢
日本人は、米国人に比べ性機能の低下が著しく、70代では71%が中等度ないし完全EDであると報告されています。詳細はこちら
2:喫煙
喫煙は、陰茎の海綿体や動脈の血管にもダメージを与え、EDの原因となるのです。詳細はこちら
3:高血圧
高血圧患者では、EDを合併する頻度が高く、重症化しやすいことが、様々な研究から知られています。詳細はこちら
4:糖尿病
糖尿病患者では、血糖コントロールが悪いほどEDの頻度は高く、重症になる傾向があります。詳細はこちら
5:脂質異常症(高脂血症)
高脂血症をEDのリスクファクターとして検証した研究が、国内外で行われています。詳細はこちら
6:肥満と運動不足
健康でEDも発症していなかった男性のうち17.7%が調査期間中にEDを発症していました。詳細はこちら
7:うつ症状
夜間勃起現象がうつ病患者では減少するということ、またうつ症状の改善とともに夜間勃起現象も回復することが知られています。詳細はこちら
8:排尿障害・前立腺肥大症
EDと共存する病態として、下部尿路症状/前立腺肥大症があります。詳細はこちら

日本版マインドフルネス講座について

血管年齢・男性ホルモン測定について

男性更年期障害の診療について

精液検査・ブライダルチェックについて

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群の外来について

大阪で評判のEDクリニックNavi

「日本元気レポート」の取材を受けました。

生活情報サイト 日本元気レポート

明日の医療を支える頼れるドクター

よくあるご質問
EDは一生治らないのですか?
20代でもEDはいますか?
EDの診療はどのようにしておこなわれますか?
受付で何といえばいいのですか?
(ED治療には)どれぐらいお金がかかりますか?
すべて見る