自律神経外来について

自律神経外来のご案内

受付時間

毎週月・火・木・金曜日13:00~18:00
予約不要
※上記以外の診療時間での対応は、お電話でご相談ください。

心療内科や精神科を受診する、その前に。

疲れやすい、集中力がない、イライラする、眠れない…
最近、何となく調子が悪い、そう感じることはありませんか。
もしかすると、それは自律神経のバランスが乱れていることが原因なのかもしれません。

現代人は、多くのストレスに晒されています。
本来、自律神経は、あなたの身体の「自動調整機能」をコントロールしている神経であり、環境や状況に応じて、心拍、呼吸、発汗、ホルモンバランスなどを調整し、身体をその状況に適応させようと働きます。ところが、あまりに過度な緊張やストレスが長く続くと、自律神経の調整機能に限界を超えてしまい、その環境や状況に対応できなくなります。
そのような自律神経の調整機能の乱れや破綻は、心身症と呼ばれる様々な身体の不調を引き起こしたり、うつ病と呼ばれるメンタルの不調の原因になります。

一般的には、そのような状況になった際は、心療内科や精神科を受診することでしょう。ですが、いきなり心療内科や精神科を受診するには、少し抵抗を感じる方も多くいらっしゃいます。また、いきなり抗うつ剤や安定剤を服用することに不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。

当院の「プライマリ・メンタルヘルスケア外来」は、そのような方のための外来です。「プライマリ」とは「一番初めの」という意味で、心療内科や精神科に受診や相談に行く前の「相談窓口」をイメージして頂くと良いかもしれません。

実際、心療内科や精神科に相談に行ったものの、大して検査もされず、お薬だけ処方され続けるケースがあります。そして、改善がなければどんどん薬の量を増やされてしまい、かえって調子を崩してしまうという話も耳にします。

ですが、本来、自律神経の乱れや不調は早期であれば、抗うつ剤などの薬に頼らなくても、きちんとしたセルフケアで改善できることも珍しくありません。従って、当院の「プライマリ・メンタルヘルスケア外来」は、自律神経を検査で評価しつつ、適切なセルフケアをできるように指導していくことを主体としています。

メンタルヘルスケアの最適化。

基本的な概要としては、まずは自律神経の検査を受けて頂き、その結果に基づいて、一人一人のセルフケアを前提としたアドバイスや生活指導などを行います。また必要に応じて、一般採血やホルモンバランスなど血液検査も行い、希望があれば別途カウンセリングなども受け付けます。最初から抗うつ剤などのお薬を処方することは基本的にありません。

もちろん、そうは言っても、薬物療法が必要なケースも少なからずありますので、非薬物治療にこだわり過ぎても良くありません。その場合は、心療内科の専門クリニックとも連携していますので、別途相談して頂くことも可能ですし、場合によっては当院から専門医への受診や相談をお勧めすることもあります。

私たちの考える「プライマリ・メンタルヘルスケア」は、薬物療法・非薬物治療、西洋医学・東洋医学などの枠組みに縛られることなく、できるだけ個々のニーズに合わせ、可能な限りエビデンスのあるアプローチを提案しながら、メンタルヘルスケアの「最適化」を目指します。

保険適用外となります。

「プライマリ・メンタルヘルスケア外来」の検査や診療は、基本的に保険外診療で行なっております。

その理由としましては、保険診療行為は一般的に、心身の「病気」を疑う場合や「病気」と診断がついたもの・その治療が対象となります。一方で、当院の「プライマリ・メンタルヘルスケア外来」は、その性質上、まだ「病気」とカテゴライズされ得ない「未病」の状態の方を多く対象とし、対応致します。そのため、他院でメンタルの疾患として治療されている方も含めて、基本的には全ての皆さまに保険外診療として対応させて頂きますので、ご了承下さい。

検査や診療内容、費用について。

診療開始前に行う検査があります。

自律神経測定

3,500円(税込)

プライマリ・メンタルヘルスケア外来では、受付の後、全ての皆様に自律神経測定を行なって頂きます。指先にセンサーをはめ、1-2分安静にして頂くだけで、測定が可能です。その結果を踏まえて、医師からの簡単なアドバイスを致しますが、特に検査で異常がなければ、そのまま様子を見て頂く場合もありますし、更に詳しい検査や診療などを希望される方は、下記の血液検査やカウンセリングも承ります。

※月~金の診療時間内であれば、この自律神経測定検査には予約は必要ありませんが、初回からドクターカウンセリングや採血なども希望される場合は、ご予約の上、ご来院ください。

自律神経測定 自律神経測定結果

上記の検査結果次第で、以下のような診療内容があります。

テストステロン・ストレスホルモンなど、採血検査

4,500円~(税込)

うつや自律神経失調症のような症状を認めた場合、一般的な診療で調べる血液検査では原因が分からないケースでも、男性ホルモンや甲状腺ホルモンなどを調べると、原因が判明することもあります。その他、ストレスホルモンをはじめ、うつと関連性があると言われているビタミンDなども併せて調べることで、総合的な健康状態や栄養状態の把握と他の疾患との鑑別も行ないます。

ドクターカウンセリング【初回】

6,500円(税込)予約制

ドクターカウンセリング【2回目以降】

4,000円(税込)予約制

ドクターカウンセリングでは、初回はまず、医師が個別の背景や症状に焦点を当ててお話を伺いながら、「心療内科・精神科の専門医に相談すべき状態かどうか」をおおまかに判断致します。その中で、患者様の意向や希望に応じて、非薬物療法で経過を見ていく場合は、経過観察期間などを相談した上で、具体的な提案や生活指導を行ない、1~2週間毎のフォローをしていきます。

その他、各種サプリメントなど

サプリメントは、生活習慣の改善とうまく組み合わせることで有効な治療となり得ます。 個々の状態に応じて、サプリメントをお勧めする場合もございますが、詳しくは医師とご相談下さい。

血管年齢・男性ホルモン測定について

精液検査・ブライダルチェックについて

自律神経外来について

男性更年期障害の診療について

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群の外来について

大阪で評判のEDクリニックNavi

「日本元気レポート」の取材を受けました。

生活情報サイト 日本元気レポート

明日の医療を支える頼れるドクター

よくあるご質問
EDは一生治らないのですか?
20代でもEDはいますか?
EDの診療はどのようにしておこなわれますか?
受付で何といえばいいのですか?
(ED治療には)どれぐらいお金がかかりますか?
すべて見る