ED治療について

全国で約1130万の推定患者がいる症状です

そもそもEDとは、英語の「Erectile・Dysfunction」の頭文字で、「勃起不全」、もしくは「勃起機能障害」や「勃起障害」と訳され、男性の性機能障害(SD)の一つに数えられています。

現代の日本では、男性の約1130万人がEDと言われていますから、けっして珍しい症状ではありません。

日本人のED発祥人口の年齢別割合

EDと感じる症状には個人差がありますが、定義としては、「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態」とされています。具体的な症状例としては、以下のような点が挙げられています。

EDと感じられる症状例

EDの原因

EDに至る原因は、大別すると2つ。そして、その2つの混合型があると考えられています。

心因的要因(機能性勃起障害)

体など、陰茎の機能そのものには異常は認められず、心理的なものが勃起に影響を及ぼしている場合です。 20代、30代、40代と若年層に多く見受けられます。

原因としては日常のストレスや経験によるトラウマ、「うつ」による不安などが挙げられます。 例えば、多忙を極めていたり、性行為が上手くいかずに女性の態度に傷ついたことがある過去を持っている場合などです。

機器的要因(器質性勃起障害)

陰茎に関わる神経や血管などに異常がある場合で、50代以上に多く見られます。

加齢の影響

・糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病により神経や血管に問題のあるとき

・脳出血、パーキンソン病、アルツハイマー病などにより神経に問題のあるとき

・前立腺がんなどの手術の影響

・前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患

・先天的に陰茎に問題のあるとき

勃起は、性的な興奮を覚えたとき、脳から発せられた信号が神経によって陰茎に伝わり、血管が広がって大量の血液が流れ込むことで初めて起こります。糖尿病は、こうした血管や神経の機能を低下させるので、勃起しにくくなるのです。また、メタボリックシンドロームや運動不足、暴飲暴食、喫煙、不眠が悪影響を及ぼしてEDとなるケースも見られます。

img_access

血管年齢・男性ホルモン測定について

男性更年期障害の診療について

精液検査・ブライダルチェックについて

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群の外来について

大阪で評判のEDクリニックNavi

「日本元気レポート」の取材を受けました。

生活情報サイト 日本元気レポート

明日の医療を支える頼れるドクター

よくあるご質問
EDは一生治らないのですか?
20代でもEDはいますか?
EDの診療はどのようにしておこなわれますか?
受付で何といえばいいのですか?
(ED治療には)どれぐらいお金がかかりますか?
すべて見る